警視庁強行犯係 第4話の感想【ネタバレ注意】樋口の冷静沈着な捜査が光る

警視庁強行犯係 樋口顕」の第4話が放送されましたね。

大友康平さんがゲストで出演され、熱い演技を見せてくれました。

内藤剛志さんが演じる樋口と、大友康平さん演じる梶山が対照的でとても見応えのある回だったと思います。

みなさんはいかがだったでしょうか?

「警視庁強行犯係 樋口顕」第4話の感想を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【警視庁強行犯係 樋口顕】第4話の感想(ネタバレ注意)

けんた:48歳
平野と長嶋の不倫関係の別れ話から完全に岡田はとばっちりを食らって殺されてしまった感じですね。
平野の事務所のエレベーター乗り場で長嶋と出会わなければ岡田は生きていただろうに。
一時は岡田が容疑者として神奈川県警の梶山刑事から疑われていましたからね。
おまけに奪った現金500万円は妻の元にあるんじゃないかとか梶山の捜査手法は相当強引でしたからね。
逆に樋口の捜査の方が常に冷静に理詰めで外堀を埋めて行く手法で良かったですよね。
やっぱり梶山刑事家庭内の問題がある意味自身を自暴自棄にさせていたんでしょうね。

ゆん:30歳
あのいけ好かない男に煽られても一切動じない歯牙にもかけない樋口さんがめちゃくちゃかっこよくて惚れ惚れしました。そのシーンの「樋口さんは慎重」というセリフはまさに共感でしかなかったです。周りから慕われているのが如実に現れていてとても感動しました。そして、かつての推しである北原里英さんが観られて嬉しかったです。いい意味でアイドル感のない1人の女優としての素晴らしい演技でした。一方、ふせえりさんはやっぱり何役でも存在感がえげつないなと思いました。いい味出していました。

キロロ:30代
『警視庁強行犯係 樋口顕』第4話を観た感想として、岡田宏が殺害されてしまい、樋口と菊池が一生懸命に聞き取り調査をしている様子が伝わってきました。遠藤が神奈川県警の梶山のことをある程度知っていたことには驚きました。梶山は岡田の妻が関係していると考えたが、樋口とは対立しているように感じました。岡田がラーメン店の経営に困っていてもお金に絡む投資などに手を出すべきではなかったと思いました。夫婦でアイデアを出して集客してラーメン屋で頑張るべきだったと思いました。

すずきまさはる:50代
強盗殺人の容疑者が稀少性の高い高額コインと共に発見されるというミステリアスな事件が発生し、神奈川県警の刑事・梶山と警視庁強行犯係の樋口がお互いの捜査方針に反発しながらも、その解決に向けて奮闘する様子が綴られましたが、犯人探しや謎解きの面白さに加えて、梶山が抱えた息子の犯歴に対するトラウマや強盗殺人被害者の愛人の屈折した思いなど、登場人物の心理描写や事件の背景描写に大変味があり、推理/捜査を描くポリスアクションとしても、心の傷に苦しむ人々を描くヒューマンストーリーとしても楽しめる、優れたエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。梶山に扮した大友康平の屈折を抱えた刑事姿に濃厚な雰囲気があり、その演技が強く印象に残りました。

岩手のおっさん:50代
シリーズ化されて新聞記者との関係が薄くなってきた感があったのですが、今回は遠藤さんの出番が話の転換に使われてました。警察と新聞記者の関係が、これからどのように描かれていくのか楽しみにしています。強行犯係といっても犯人確保に向けたピリピリした感じはなく、女性刑事の藤本さんの動きがぎこちなく感じています。演技なのでしょうが面白く観ています。なんか題名とは違う感じの刑事ドラマです。樋口さんと少年犯罪担当の氏家さんの情報共有が事件の背景を教えてくれます。犯人もきっちり前半から出番があるので犯人捜ししてみませんか?

こん:20代
2つの殺人事件を通して、刑事の過去や人間関係のいざこざを通してドラマの世界観を楽しめるのがいいなって思います。現実の世界でこんな感じの人がいるとか、こんな人が実際にいたらいいなとか、個人の仕事環境にあてはめてみることができるのではないかなって思います。大友さんの刑事姿って新鮮な半分、板についている感じもあって樋口と同じくらいキャリアのある感じで同じ場所にいると思います。会議のところが一番見ごたえがあったと思います。

 

life2002:40代
男女のトラブル、お金にまつわるトラブルは恐ろしいです。
お互いに愛人がいる投資会社の社長夫婦に投資詐欺にあった飲食店亭主、マルチ商法にはまって自己破産した息子を持つ神奈川県警の刑事。
怪しくて癖のある登場人物ばかりです。
県警の刑事を演じた大友康平さんの決めつけや思い込みがやや強く感じましたが、あの渋い顔にハスキーボイスは刑事役はハマるといつも思います。
今回もストーリーに良いアクセントを与えていました。
投資会社社長と飲食店亭主を殺した犯人はレストラン店長の女性で社長の愛人でした。
理由は言われてみればの話ですが、私は最後まで解らなかったのでとても楽しく観ることができました。

あい:19歳
今回の番組を見て、身近な人が事件を起こしてしまうと、人はすぐに変わってしまうことがわかった。元々はいい刑事だった人が口まで悪くなり、すぐに人を疑うようになってしまった。しかし、樋口さんがしっかりと事件を解決していき、新聞記者さんのおかげでもあることが素晴らしかったと思う。樋口さんのように周りに流されずに事件の捜査を進めていく人こそが、社会のトップでいられることがわかった。今回は人間関係についてすごく学ぶ機会が多かったと思う。
スポンサーリンク
おすすめの記事