【その女ジルバ】ドラマ見逃し動画配信★全話無料視聴はコチラ!あらすじ感想総まとめ

この記事では、ドラマ「その女、ジルバ」を全話無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「その女、ジルバ」は、2021年1月9日から毎週土曜日の11時40分からフジテレビ系列で放送されていますが、見逃した人やもう一度見たいという人は、ぜひチェックしてみてください。

さっさと無料でみたいという人は下記のボタンをクリック!

\ 「その女、ジルバ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

「その女、ジルバ」の見逃し動画配信を無料視聴する方法

「その女、ジルバ」はFODプレミアムの14日間無料トライアルで、無料視聴が可能です。

無料で見る方法は簡単。
たったの3ステップ!
    1. FODプレミアム公式サイトにアクセス


      「登録する」をタップします。

    2. アカウントを作成


      メールアドレスとパスワードを入力。

    3. 決済方法を入力して登録完了



      各種携帯キャリア決済にすると無料トライアルキャンペーンは適応されないので注意!
      無料期間も確認しておきましょう。

 

登録が済んだら、好きな作品名で検索すればOK!
14日以内に解約すれば、料金はかかりません。

\ 14日間無料体験! /

動画配信サイトでの「その女、ジルバ」の配信状況一覧

※下記の情報は記事作成時のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスを確認してください。

サービス名 配信可否 無料期間
今すぐ見る
14日間
U-NEXT × 31日間
Hulu × 14日間
Paravi × 14日間
TELASA × 15日間

「その女、ジルバ」を配信しているのはFODプレミアムです。

当サイトではFODプレミアムをおすすめします!

FODプレミアムがオススメな理由

動画配信サービスのFODプレミアムがオススメな理由についてまとめました。EXT

FODの特徴!
  • フジテレビの作品を中心にドラマが豊富
  • レンタルやコミックで使えるポイントが、毎月最大1300ポイントプレゼントされる
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 14日間お試し無料!

FODプレミアムなら話題のドラマや映画が見放題!

  • 知ってるワイフ
  • ザ・ノンフィクション
  • プロジェクトX
  • 全力!脱力タイムズ
  • アイドールズ!
  • ワンピース

\ 14日間無料体験! /

「その女、ジルバ」の作品情報

ドラマ名 その女、ジルバ
原案 「その女、ジルバ」
(有間しのぶ、小学館「ビッグコミックス」刊)
制作 東海テレビ テレパック
脚本 吉田紀子
音楽 吉川慶 HAL
公式サイト 番組公式サイト

Twitter

Instagram

イントロダクション

うまくいかない現状やその先の老後…30代後半に差し掛かる頃に、多くの女性が感じ始める様々な不安。
どこにでもいる40歳の働く女性が、このドラマの主人公です。

笛吹新(うすい あらた)40歳。
結婚相手とは直前に破談になり、以後は相手に恵まれず、会社でも年齢を重ねるごとに肩身が狭くなり、ついに左遷。歳を取るとは色々諦めること、どうせこのまま何も変えられない…

そんな時に目にした「ホステス募集 ただし40歳以上!」の張り紙。“何かを変えたい。変えないと、私は私の人生を嫌いになってしまう!!”……新は思い切ってそのBARの扉を開く!!!

扉の向こうにいたのは自称50代~80代までの元気な高齢ホステスたち! おいしい料理と軽快なトーク、さらにパワフルなダンスでおもてなしをする特別な空間だった。
戦前戦後、昭和、平成、令和へ、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた彼女たちの姿を見て、新も少しずつ輝き始め、職場でも仕事の取り組み方が変わっていく! さらにそんな彼女の前向きな姿を見て、BARに来た客や、同じ境遇だった職場の同僚たちもどんどん生き生きとし始める!

笑って、踊って、転んだらまた笑って…
気が付いたら80年。人生は楽しまなくちゃ!

今の社会を覆う言いようのない閉塞感。
そんな問題山積の今だからこそ、これまでの価値観をがらりと変える歴戦の熟女たちの言葉と、現実を素直に受け入れ、前向きに生きはじめるヒロインの姿は見る人に、勇気と生きる力を与えてくれるのです!

平均寿命80年と言われる今、訪れる人生の長い午後…
勇気を出して一歩を踏み出せば、そこには、大きな世界が広がっている!
2021年のスタートとなる1月。
思い切り笑って思い切り泣ける人生賛歌のドラマをお届けします!!

キャスト

笛吹新/ジルバ:池脇千鶴

浜田スミレ:江口のりこ

真飛聖:村木みか

七子/ナマコ:久本雅美

大田原真知/チーママ:中尾ミエ

花富屋敷衿子/エリー:中田喜子

久慈きら子/くじらママ:草笛光子

 原案

漫画家 有間しのぶによる同名コミックが原作。

この作品は、第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。

テーマが素晴らしい、そして物語に出てくる人たちがみんな可愛くて愛おしい。今の時代では考えられないような苦労をしてきた上の世代、 今の厳しい生活の中で必死に生きている若い世代、みんな平和に人生を楽しみたい。そんな当たり前のことを思い出させてくれます。自分にも人にも優しくしたい、そしてこの漫画は私の心を明るくしてくれます。

主題歌

山本彩さんの「ドラマチックに乾杯」が主題歌。

NMB48を卒業後、シンガーソングライターとして精力的に活動されています。

「ドラマチックに乾杯」はアップテンポで、管楽器が華やかな楽曲に仕上がっていて、ジルバにぴったりだと思います。

各話のあらすじと感想

第1話:2021年1月9日

笛吹新(池脇千鶴)、40歳。
憧れだったアパレル会社の販売員として働いていたが、結婚直前で婚約者に裏切られ破談となった上、リストラで倉庫勤務に回されてしまい、お先真っ暗。
夢なし、貯金なし、恋人なし…私の人生、こんな感じで終わってくの?

その日は40歳の誕生日。とはいっても誰から祝われることもなく、届くのはネット通販からのメールだけという、いつも通りパッとしない朝。
社員寮から職場に向かう途中、道端でうずくまっていたヨレヨレの老婆(草笛光子)に気づく。都会の片隅で助ける者もなく…まるで40年後の自分を見た気がしてしまい、思わず手を貸してしまう新。
この出会いが、その後の人生を大きく変えることになるとも知らずに…。

その日は、職場でもありがたくない出来事が待っていた。
“出向仲間”である村木みか(真飛聖)と朝礼に出ていると、倉庫部門のチームリーダー・浜田スミレ(江口のりこ)から新任の課長が紹介された。
「ゲッ。ウソ…」新課長は、なんと婚約を破棄した男・前園真琴(山崎樹範)だったのだ。よりによって、なんでこの世で一番会いたくない男と…。
「俺たちやっぱり、赤い糸で結ばれているのかな。こうやって再び出会ってしまうなんて」と能天気にのたまう前園に絶句する新。最悪だ…。

ストレスまみれの帰り道、新は偶然、一軒のレトロなバー『OLD JACK&ROSE』の張り紙を見つける。
“ホステス求む!時給2000円 未経験者歓迎 年齢40歳以上”
40歳…以上?以上!?
「絶対ウソだ。ワナに決まってる。時給2000円?無理、ホステスなんて。でも家に帰ってゆっくり考えたら絶対あきらめる…今ここで新しい何かをしないと…私は、私の人生を、嫌いになってしまう!」
新は思い切って、店の扉を開ける…!!

がけっぷちアラフォー女性が飛び込んだ超高齢熟女バーの世界で繰り広げられる、笑いと涙の超絶エンターテインメント、開幕!!

▼ 感想(ネタバレ注意)

第2話:2021年1月16日

超高齢熟女バー『OLD JACK&ROSE』で見習いホステス“アララ”として働き出した新(池脇千鶴)。

熟女ホステスたちの明るくポジティブな姿に感化され、昼間の職場でも前向きで楽しそうな新の姿に、スミレ(江口のりこ) やみか(真飛聖)らは「まさか…ホスト?」と勘違い。元カレの前園(山崎樹範)も内心気が気ではない。

店では、くじらママ(草笛光子)やエリー(中田喜子)、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)ら熟女ホステスの先輩らとともに慣れないながらもまずまずの接客ぶりだったが、早くも試練が訪れる。

突然、フロアが暗転。流れ始めるムーディな音楽。『OLD JACK&ROSE』恒例のダンスタイムが始まった!

次々とソシアルダンスを踊り始める常連客とホステスたちの中、ダンス経験のない新はひたすらオロオロ。常連客の花山(芋洗坂係長)に誘われ、おそるおそる踊り始めた新だったが、その姿はまるで相撲の取り組み。フロアの中で、あっちでゴツン、こっちでゴツン、あげくにはよろけてしまい…。

そんな姿を見かねたマスターの幸吉(品川徹)は、ダンスの特訓を言い渡す。

「女としての自信をつけるため…」

見習いホステス・アララは、見事試練を乗り越えて華麗なダンスを披露できるのか?

▼ 感想(ネタバレ注意)

第3話:2021年1月23日

超高齢熟女バー『OLD JACK&ROSE』でのバイトに少しずつなじんできた一方で、昼間の職場では予想外の試練が新(池脇千鶴)を待っていた。

突然、チームリーダーのスミレ(江口のりこ)に呼び出された新と前園(山崎樹範)。みか(真飛聖)も見守る中、ホストにハマっている(と皆がカン違いしている)新がリストラ対象になっていることをどう考えているのか、と2人を問い詰める。

ホ…ホスト?リストラ??

身に覚えのないことばかりで唖然とする新だったが、熱くなっているスミレの剣幕に、ホスト通いではなく熟女バーでホステスのバイトをしていることを白状せざるをえなくなる。

その日の終業後。『OLD JACK&ROSE』の前で、“ホステス募集 40歳以上”の貼り紙をしげしげ眺めるみかとスミレの姿があった。2人とも口ではあれこれ言いながらも、新のバイト先が気になって仕方なかったのだ。

「いらっしゃいませ~~…あ!!」

ドレスにウィッグ、バッチリメイク。昼間とは別人の“アララ”の姿に衝撃を受ける2人。 居心地悪そうにしながらもビールを注文する2人だったが、そこにエリー(中田喜子)が姿を見せる。いつもは明るいキャラクターで店を盛り上げるエリーの様子がどうもおかしい。どうやら彼女が二十代の時、散々貢いだ挙句に捨てられた詐欺師のような男に約四十年ぶりに再会、しかも同じ団地に引っ越してきたという。

いつもパワフルな熟女ホステスが抱く深い傷に触れた新は…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第4話:2021年1月30日

秘密にしていた「OLD JACK&ROSE」でのバイトが職場にバレてしまった新(池脇千鶴)だったが、その後、店に誘ったことがきっかけとなりスミレ(江口のりこ)、みか(真飛聖)と同い年の友情が芽生える。しかし職場のリストラ計画は人知れず進行していて…。

店では毎年ジルバママの命日に行われるパーティの準備が進んでいた。そんな中、新の携帯に弟・光(金井浩人)から連絡が。地元・会津の町おこしイベントで東京に来ていると聞き、新はあわてる。実家には、倉庫に出向になったこともバーでバイトしていることも一切知らせていなかったのだ。とりあえず会って食事する約束をしたものの、その前に新は光と思わぬ形であっさり再会してしまい…。

『ジルバをしのぶ会 VOL9』の宴が盛大に始まった。新もこの日は客の1人として会を楽しむことに。常連客の他に、テレビでよく見かける直木賞作家・大田原真知(中尾ミエ)も姿を見せる。なんと彼女、かつて“チーママ”の源氏名で店でホステスとして働いていたというのだ。 その夜、新は初代ママ・ジルバの長く苦難に満ちた壮絶な人生について知ることになる…

▼ 感想(ネタバレ注意)

第5話:2021年2月6日

退職願を出したとスミレ(江口のりこ)に突然告げられ、仰天する新(池脇千鶴)。みか(真飛聖)は前園(山崎樹範)の仕業に違いないと食ってかかる。しかしスミレは「もう決めたことだから」と多くを語らずその場を収める。

その夜「OLD JACK&ROSE」では、一同がスミレの話を聞いていた。会社は、スミレにパワハラ疑惑があることを問題視しているのだという。そんなことあるはずが…と言いたいところだが、少し前まではスミレから小言やイヤミを言われていた身としては、コメントしづらい新とみかだった…

その時、店に新を訪ねて1人の客がやってくる。なんと前園であった。新に本音をこぼす前園。彼なりにスミレの退職に関しては思うところがあるらしい。普段はひょうひょうとしている前園も、中間管理職という立場に苦しんでいた。 40になり、それぞれの前に訪れる厳しい現実。シジュー三人娘の胸に去来するものとは?そして事態は思わぬ方向へと向かい…

▼ 感想(ネタバレ注意)

れるる:30代
『その女、ジルバ』第5話を観た感想として、会社に退職願を出していたスミレが、気分が悪く、活気がなくなってしまっているように感じました。スミレには、話を聞いてくれる女性が何人かいる点は、とても良かったと思いました。みかがスミレのことをとても気にしているように思いました。今まで一緒に働いてきた仲間がいなくなってしまうのは、辛い事だと考えられました。スミレが会社を辞めることを決意したとはいえ、やはり、戻ってきてほしいと思いました。

ルーク:40代
スミレが退職届をだしてしまってたけれど、結局、辞めずにすんで本当にほっとしました。スミレのキャラクターは好きですが誤解を受けやすい性格だなと思いました。そしてびっくりしたのがミカが仕事を辞めて田舎に帰ることにしたことでした。でもミカはしっかりと考えてのことのようだったので寂しいけれど、素敵な送別会ができてよかったなと思いました。前園は優柔不断ぽくて頼りない上司だなと思っていたけれど、意外と周りのことを考えている人だし、今回もちゃんと本社の人とスミレの件で話し合いをしてくれてよかったです。

第6話:2021年2月13日

年末の繁忙期になり、新(池脇千鶴)が働く倉庫は大忙し。みか(真飛聖)が辞めて、シジュー3人娘の1人が欠けてしまった感傷に浸る間もなく、新とスミレ(江口のりこ)は慌ただしい毎日を送っていた。遅めの昼休みを取りながら、今は島根の実家でのんびり暮らすみかに思いをはせる2人。その手には、みかが送ってくれた出雲大社のお守りがあった。 出雲大社といえば、そう、縁結びの神様…。

一方、BAR「OLD JACK&ROSE」では、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。くじらママ(草笛光子)や、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)らがツリーを飾っている中で、エリー(中田喜子)は大切な常連客へのプレゼントの準備に悪戦苦闘。不器用なエリーを先輩ホステスたちが手助けしている、そんな姿も年末の風物詩だ。
客の中では、石動(水澤紳吾)がなぜかソワソワ。どうやら意中の相手に告白の準備…?

「え。私に?マジ。ウソだ…」
新からクリスマスパーティー招待のチラシをもらい、独り身に慣れ切ったスミレは思わず感動。ウキウキのスミレの様子を我がことのようにうれしく思いながら、少し前まで落ち込んでいた自分が驚くほど軽やかに生きていることを実感する新だった。

そして迎えたクリスマスパーティ当日。テーブルにはクリスマス料理やケーキが並び、ホステスたちや幸吉(品川徹)がクリスマス仕様のコスプレで客を迎える。そこにはちょっとオシャレしたスミレや、石動ら常連客の姿も。そして突然店を訪れた、ナゾの男…。 「OLD JACK&ROSE」のクリスマスは奇跡が起きる…聖夜は恋が始まる予感!

▼ 感想(ネタバレ注意)

あおい:30代
クリスマスパーティーの楽しそうな雰囲気が伝わってきてこちらも楽しくなりました。相変わらずダンスのクオリティが高くて素晴らしいです。前回リストラ問題で落ち込んでいたスミレさんになんと恋の話があるとは思いませんでした!いい年したふたりですが、とても初々しい感じでこちらがドキドキしてしまいました。アララにも何か恋の予感があると良かったんですが、それはなかったんですね。マスターとジルバさんの過去も少しわかり、やはりお二人には絆があったんだなと感じました。次回ジルバさんの過去が明かされるようなので楽しみです。

みどすけ:30代
ここまであまり明かされてこなかった、ひなぎくさんの過去について知り、切なくなりました。クリスマスパーティーに、お客さんの家族が来ていて、バーと言っても、お客さんの家族にまで愛されるバーなのだと思い知らされました。石動さんがついにアララに告白するのかと思いきや、まさかのスミレにアプローチ!恋愛に不慣れな2人の、たどたどしい愛の告白にドキドキさせられました。番組後半は、ジルバママの人生について、小出しに紹介されていて、次作が楽しみになりました。

第7話:2021年2月20日

大晦日、BAR「OLD JACK&ROSE」で大掃除をしていた新(池脇千鶴)の前に現れた白浜(竹財輝之助)。クリスマスの夜、閉店間際に店を訪れ、新に花束を渡して立ち去ったあのイケメンであった。

「ジルバは死んだよ…」幸吉(品川徹)が告げる。
ジルバの写真に手を合わせた後、白浜は語り始めた。ブラジル育ちの白浜は、現地で出会ったある男に「日本に戻ったらジルバに会いに行け」と言われ、かつてジルバを訪ねた。しかしジルバは突然取り乱し、白浜を追い返したのだという。
「どうしてあの時…あんなに」白浜が話したその時、店にふらりと真知(中尾ミエ)が現れる。仕事が終わったので幸吉と一杯やろうと立ち寄ったのだという。
白浜に尋ねられるがままに真知が語り始めたジルバの過去。それは、かつて地球の裏側で起きた悲劇の物語だった…。

年が変わり1月、新は故郷・福島へ帰ってきた。弟・光(金井浩人)のカフェのオープンを応援するためだ。大盛況の店内で、早速手伝い始める新。
そして新が実家に帰ってきたのには、もう一つ目的があった。
職場の異動、バーでのバイト…ずっと両親に言えずに逃げてきたことに、いよいよ決着をつける時が来たのだ。

▼ 感想(ネタバレ注意)
coming soon

 

\ 「その女、ジルバ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

おすすめの記事