【知ってるワイフ】ドラマ見逃し動画配信★全話無料視聴はコチラ!あらすじ感想総まとめ

この記事では、ドラマ「知ってるワイフ」を全話無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「知ってるワイフ」は、2021年1月7日から毎週木曜日の10時にフジテレビ系列で放送されていますが、見逃した人やもう一度見たいという人は、ぜひチェックしてみてください。

さっさと無料でみたいという人は下記のボタンをクリック!

\ 「知ってるワイフ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

「知ってるワイフ」の見逃し動画配信を無料視聴する方法

「知ってるワイフ」はFODプレミアムの14日間無料トライアルで、無料視聴が可能です。

無料で見る方法は簡単。
たったの3ステップ!
    1. FODプレミアム公式サイトにアクセス


      「登録する」をタップします。

    2. アカウントを作成


      メールアドレスとパスワードを入力。

    3. 決済方法を入力して登録完了



      各種携帯キャリア決済にすると無料トライアルキャンペーンは適応されないので注意!
      無料期間も確認しておきましょう。

 

登録が済んだら、好きな作品名で検索すればOK!
14日以内に解約すれば、料金はかかりません。

\ 14日間無料体験! /

動画配信サイトでの「知ってるワイフ」の配信状況一覧

※下記の情報は記事作成時のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスを確認してください。

サービス名 配信可否 無料期間
今すぐ見る
14日間
U-NEXT × 31日間
Hulu × 14日間
Paravi × 14日間
TELASA × 15日間

「知ってるワイフ」を配信しているのはFODプレミアムです。

その中でも、当サイトではFODプレミアムをおすすめします!

FODプレミアムがオススメな理由

動画配信サービスのFODプレミアムがオススメな理由についてまとめました。EXT

FODの特徴!
  • フジテレビの作品を中心にドラマが豊富
  • レンタルやコミックで使えるポイントが、毎月最大1300ポイントプレゼントされる
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 14日間お試し無料!

FODプレミアムなら話題のドラマや映画が見放題!

  • 知ってるワイフ
  • ザ・ノンフィクション
  • プロジェクトX
  • 全力!脱力タイムズ
  • アイドールズ!
  • ワンピース

\ 14日間無料体験! /

「知ってるワイフ」の作品情報

ドラマ名 知ってるワイフ
原案 『知ってるワイフ』
制作:STUDIO DRAGON CORPORATION/
   Chorokbaem Media
配給:CJ ENM Co.,Ltd
脚本:ヤン・ヒスン
制作 フジテレビ
脚本 橋部敦子
音楽 河野 伸
公式サイト 番組公式サイト

Twitter

Instagram

イントロダクション

「結婚生活、こんなはずじゃなかった!あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まる物語。結婚生活5年目、夫も妻も相手への気遣いができなくなっていく頃。唯一の共通の思いは「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」。そんな誰もが抱える結婚生活の不満と後悔をリアルかつコミカルに描きながら、「あの日、あの時に戻りたい」という悲痛な願いがかなってしまい、奇跡の人生を手に入れた主人公を通して、“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを追求していく。SNSなどコミュニケーションツールが発達し誰とでもつながれる今の時代だからこそ、身近な人へ大切な思いを伝えたくなるハートフルストーリー。是非お見逃しなく!

キャスト

大倉忠義

広瀬アリス

松下洸平

川栄李奈

生瀬勝久

 原案


2018年に放送された韓国の同名のドラマが原案。
メインキャストはチソン、ハミ・ジミンで、全16話で放送された。

主題歌

主題歌は、関ジャニ∞の「キミトミタイセカイ」。

アダルトなムードなラブバード。関ジャニ∞の新境地とも言えるかもしれません。

各話のあらすじと感想

第1話:2021年1月7日

『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えていた。それは、妻の澪(広瀬アリス)との関係。二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。ある日、急な仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を投げつけられ、家から追い出されてしまう。大学時代の親友、木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込んだ元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる。沙也佳は巨大企業・西急グループの令嬢で、マドンナ的存在。当時、元春も憧れを抱いていたが、まさか自分を好きだとは思っていなかった。しかし、思い当たることがある。大学時代に元春は沙也佳からコンサートに誘われたことがあったのだ。その当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。財布を落とした女性こそ、高校生の澪だった。結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけとなっていた。あの時、バスを降りなければ…。

その後も、相変わらず澪の冷たい態度に辟易しながら、外回りの仕事を終えて公園で一息つく元春。すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。ぶつぶつと何かを呟く小池。“過去に戻ることが出来る”という言葉に反応した元春に、小池は500円硬貨を渡した。その硬貨が元春の人生を大きく変えることになり―。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第2話:2021年1月14日

“人生は変えられる”。剣崎元春(大倉忠義)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる。 目覚めたのは、2010年の江川沙也佳(瀧本美織)からコンサートデートに誘われた日だ。記憶と同じく、元春は沙也佳とデートを約束。
大学から一度自分の家に戻り、デートに向けて準備を整えた元春はコンサート会場へ向かうためバス停へ。そこには高校生の建石澪(広瀬アリス)がいた。バスに乗ると、澪は元春の記憶通り財布を落として降りてしまう。ためらう元春だが、財布を拾って交番に届けた。 コンサートホールに急ぐ元春が交番を出ると澪とすれ違う。元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。コンサートの帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が光に包まれる。

元春が目を覚ましたのは見知らぬ部屋。しかし、隣で寝ているのは沙也佳だ。元春が時計を見ると、表示は西暦2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わり、住んでいる家は超豪華。広い家に高価な家具、専用のゲームスペースに元春は大興奮。「早く帰ってきてね」と優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤する。元春は望んでいた結婚生活を手に入れた。

銀行に出勤して同僚・津山千晴(松下洸平)と話した元春は、以前の人生では津山は結婚して双子の子供持ちだったが、今の人生では独身になっていることを聞き、周囲の人々が微妙に変化していることを知る。そして元春も澪との間にいた子供たちもいなくなってしまい、涙を流して後悔する元春。しかし、今回の人生こそ幸せに生きると決意。そんな元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第3話:2021年1月21日

剣崎元春(大倉忠義)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)を思わず抱き止めた。驚いた澪は元春を見つめる。元春は澪の表情を見て、「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」と疑う。しかし、それは元春の思い過ごしのようだった。澪は自分と夫婦だったことも知らないし、職場で出会ったことも偶然だったと知り元春はホッとする。だが、澪は元春に“澪”と呼ばれた気がしてどこか懐かしい気持ちを感じていた。 最近、澪は、顔の分からない男性に“澪”と呼ばれる夢を何度も見ていたのだ。

支店で行われた振り込め詐欺対策の勉強会の後、津山千晴(松下洸平)が澪を食事に誘う。澪は、今日は都合が悪いと断るが、今度必ず行くので食べたいものを考えておくと答えた。社交辞令を疑う津山に、澪の性格を知っている元春は彼女のことだから本当に考えるのではないかと伝える。

帰り道、元春が車を運転していると倒れた自転車の脇にうずくまる澪を見つける。元春は放っては置けずに澪のもとへ。怪我の手当をしていると、澪は客が振り込め詐欺に遭っていそうな時の合図を決めようと言い出す。“まばたきをする”、“鼻をつまむ”などのサインを提示する澪に、元春は真剣には答えず、車に乗せて送った。澪を降ろした元春に、再び疑問が浮かぶ。なぜ自分が転倒した澪に出くわすのか?やはり偶然ではないのか?そんな時、元春は小池良治(生瀬勝久)を偶然見つける。なぜ澪が自分の前に現れたのかと尋ねる元春に、小池は“いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる”と…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第4話:2021年1月28日

澪を家へ送る元春。すると母の久恵(片平なぎさ)が現れて、元春に懐かしそうに抱きついてきた。さらに久恵は元春を婿と呼び、「澪が毎日怒るから家に帰って来なくなったのよ」と言うではないか。澪は「母が認知症を患っていて変なことを言ってすみません」と元春に謝る。だが、元春は気が気ではない。元春は、澪と結婚していた以前の世界で、すでに久恵の認知症が発症していたのではないか?と思い、ショックを受ける。忙しさにかまけて自分は気にもしていなかったが、澪の態度に思い当たることがあった。

澪の家を出た元春は、久恵が「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」という疑念を拭いきれない。それを知っているのは自分ともう一人、小池良治(生瀬勝久)だけのはず。元春は小池を探しに出会った公園へ行くが、姿は見当たらない。
翌日、元春はなぎさ(川栄李奈)から母が作ったいなり寿司を受け取る。かつて元春の母が作ったいなり寿司を澪が好きだったことを思い出した元春は、銀行で一人残業している彼女に届けに行く。すると、元春より先に来ていた津山千晴(松下洸平)が澪に告白をしていた。なぜか元春の気持ちは揺らいでしまう。

そんな矢先、泊りがけの研修に一緒に行くことになった澪と津山。津山はこれを機に彼女を口説き落とそうと木田と盛り上がるが、元春は思わず反対して―。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第5話:2021年2月4日

剣崎元春(大倉忠義)は夕食の約束のため銀行に迎えにきた妻・沙也佳(瀧本美織)に、建石澪(広瀬アリス)の頭に手のひらを乗せている姿を見られてしまう。頭の上にほこりがついていたとごまかす元春だが、沙也佳は紹介された澪の建石という名字を聞き逃さなかった。以前、沙也佳が元春の車の中で見つけた名札だ。二人の関係を怪しむ沙也佳は、もう澪を車に乗せないようにと元春に告げる。

一方、澪は元春の手のひらの感触に動揺していた。同僚との飲み会を断った澪は、木田尚希(森田甘路)となぎさ(川栄李奈)の店に行く。木田となぎさに、津山千晴(松下洸平)との交際を勧められるが迷いを見せる澪。なぎさは恋に正解はないからしたいようにすれば良いと澪にアドバイスする。

翌日、澪が目覚めると母・久恵(片平なぎさ)が朝食を作ってくれていた。しかし、遅刻しそうな澪は銀行へと急ぐ。

澪と津山が外回りのため銀行を留守にしている中、久恵が朝食を弁当として持ってやって来た。元春を見つけた久恵は「うちの婿が世話になっている」と行員たちに告げる。融資課長の西徹也(マギー)も支店長の宮本和弘(おかやまはじめ)も西急グループの令嬢である沙也佳の母が来たと思い大騒ぎに。元春は慌てて銀行から久恵を連れ出す。すると久恵は、思わぬ事を話し始めた。そんな二人のもとへ、澪が久恵を迎えに来る。

久恵を家まで送り届けた元春と澪は、意識しながらもぎこちなく会話をする。その後、津山の誠実さを目にした澪は、津山と付き合うと返事をする。二人が付き合い始めたと聞いて元春は動揺するが、大喜びの木田となぎさは皆でキャンプに行こうと盛り上がり…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

第6話:2021年2月11日

自分自身のせいで澪(広瀬アリス)との結婚生活がうまくいかなくなったとようやく気づいた剣崎元春(大倉忠義)は、澪と親友の津山千晴(松下洸平)の距離が縮まっていくのを見ていられず、小池良治(生瀬勝久)に号泣しながら「もう一度、過去を変えたい」と懇願するが、「覆水盆に返らず、あとの祭りだ。この心の痛みはお前がこの人生で引き受けるのだ」と言われてしまう。

自身の愚かさに気づいた元春は、現在の妻、沙也佳(瀧本美織)との円満な結婚生活を目指し、朝から掃除をして朝食を用意する。新婚時代みたいだと喜ぶ沙也佳は、今夜は話があるから早く帰って来て欲しいと頼む。
一方、澪は津山とコーヒーショップでモーニングデート。二人を目撃した篠原恭介(末澤誠也)は銀行に出社やいなやデートをしていたのでは?と話題にする。澪が否定していると元春は助け舟を出し話題を切り替える。その頃、ジョギングしていた沙也佳は、スケートボードに乗った男とぶつかりそうになる。その男は、剣崎家にも配達しているフラワーショップ店員の上原邦光(小関裕太)だった。

昼休みに、元春は澪に津山はいい奴だし2人の交際を応援するよと告げる。それは、今の人生を充実したものにしようとする元春なりの決意だった。また、翌日は澪の父の命日だと知った元春は、法事に行けなかったかつての自分を反省し、津山に法事の準備を手伝うようアドバイス。そのため、元春は津山の残業を肩代わりすることになり、沙也佳に遅くなるとメールする。がっかりする沙也佳は、翌日こそ早く帰ってきて欲しいと頼む。

翌日、監査で帰りが少し遅くなった元春は家路を急いでいたが、道でしゃがみこんでいる澪を発見。元春が声をかけると、澪は泣き出してしまう。澪の母、久恵(片平なぎさ)がいなくなってしまったというのだ。一日中、思い当たる場所はすべて探したが見つからず、「戻ってこなかったらどうしよう…」と途方に暮れる澪。沙也佳のことが気になりつつ、久恵を一緒に捜すことになる元春だったが…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

湊海:40代
澪を諦めて応援すると言った決意が、ほんの二、三日で崩れてしまった剣崎が、心底情けなくてイラっとしました。沙也佳に嘘をつきまくってないがしろにして、それでもやましいことはないと言い張る神経の図太さは、もう間違いなく浮気男の思考だと思いました。とは言え、発端は剣崎だったとしても、勝手に電話に出たり、ナビの履歴やドライブレコーダーを確認したりと、沙也佳自身も相当な執着体質で見ていて恐ろしかったです。ここまで来ると、もう剣崎は誰と結婚してもうまくいかない気がしてきました。

ドラスキオヤジ:40代
晴れて付き合う事になった津山と澪は、銀行への出勤前にカフェで会いますが、そのシーンを見てとても羨ましいなります。また、ある日銀行では、支店長がとても機嫌が悪く、皆に八つ当たりします。その理由は支店長アンケートで自分が部下を飲み会に誘う事に対しての否定的な意見を聞いたからでした。それを知ったみんなは支店長に感謝していると言う話をわざと聞こえる様にいいます。この手のアンケートは基本的に本人に渡りますので、皆さんも気をつけて下さい。世の中、そういう物です。あと、今回は、元春が澪に、失って初めて大切さに気づいた過去の女性の話をします。とても耳が痛いです。ウソをつかれた沙也加と元春、澪の恋愛模様から目が離せません。

第7話:2021年2月18日

剣崎元春 (大倉忠義)は、建石澪(広瀬アリス)への未練を断ち切って沙也佳(瀧本美織)を大切にしようと心に決めた。だが、澪の母・久恵(片平なぎさ)を2人で探していたことを沙也佳に隠した嘘がバレてしまい、沙也佳に澪との関係を疑われ口論になってしまう。

 家を飛び出した沙也佳は、路上で遭遇した上原邦光(小関裕太)と飲みに行き、気を紛らわそうとする。酩酊し家に帰ると、酔った勢いでパソコンを開き、ネット掲示板に澪への誹謗中傷を実名で書き込み始める。探しに行った元春が戻ると沙也佳はすでに寝ていた。
 次の日、元春の支店で騒動が起きる。掲示板の澪への誹謗中傷が銀行への信頼を損なう、と問題になってしまう。その頃、沙也佳は昨夜の投稿を思い出し激しく後悔するが、なす術も思いつかず途方に暮れる。

 一方、元春はもしかして沙也佳が書き込んだのではないかと疑うが、昨夜の口論の事もあり聞くことが出来ない。そして、沙也佳の投稿はさらに波紋を広げる。何者かが投稿に乗じて支店の行員たちの写真を投稿し、行員たちへの嘲笑まで広がりはじめたのだ。自分の誹謗中傷については気にする様子はなかった澪だったが、これには怒った。澪は津山千晴(松下洸平)と最初の投稿者を突き止めるため調査会社へ依頼に行く。津山の残業を代わることになった元春は、理由を話して沙也佳に帰りが遅くなると電話した。自分が犯人だとバレてしまう!と沙也佳がうろたえていると、ちょうど上原が花を届けに来た。沙也佳は上原に泣きつき、何とか投稿を削除する。  
 その夜、元春が家に帰ると、沙也佳は何事もなかったように出迎えた。昨夜の口論を謝罪した元春だが、パソコンを開けた時に、問題の掲示板にアクセスした形跡を見つけ疑念を抱いてしまう。そんな折、元春の母が白内障の手術の為に入院する。

▼ 感想(ネタバレ注意)

まめたん:40代
裏投稿サイトにさやかが澪のことを投稿してしまい、どうなるかと楽しみに見ていました。元春や澪のお母さんがたまたま同じ病院に入院して和気あいあいトランプをしている様子はほのぼのとした気持ちになると同時に、親の受賞パーティーにこだわるさやかの様子から結婚は本人同士だけではなく家同士の繋がりも生むんだなと思い直しました。投稿サイトに投稿したのが妻だと知りそのもやもやもあってか結局パーティーを欠席した元春。元春とさやかの言い合いではどちらも間違ってないし、優先順位をつけなくてはならないことが人生には何度もあると感じました。その度、何をどうして優先するかその一つ一つが積み重なって夫婦生活が上手くいくかどうか軌道が定まるのかなと感じました。最初は私だけが見ていたこのドラマですが、主人も見ているようです。結婚から10年がたち、好き嫌いといよりは生活の一部になってしまっています。出会った当初のことを思い出したり、何年たっても相手のことを思いやることの大切さを自分の今と重ね合わせて見ています。

かものはあま:30代
元春、またやらかしたなというのが率直な気持ちです。彼がそもそも沙也佳の話をよく聞いてあげて彼女をみてれば暴走する事はなかったです。しかし、その後の彼女の言動は頂けないですね。あまり良くない家庭のパターンの、相手の家族を大事にしないという。パーティーはどれだけ大事かわかりませんが、体の事より大事な事はありません。しかも目の事です。そこから決定的なところを見てもないのに自分は浮気というなかなかひどい女性だなと思いました。

 

\ 「知ってるワイフ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

おすすめの記事