池脇千鶴の劣化は役作り!下ぶくれ顔は特殊メイクで何か詰めている?

主演ドラマ「その女、ジルバ」が好調の池脇千鶴さん。

9年ぶりの連ドラ出演ということで、「久しぶりに見た」という声と、その容姿に注目が集まりました。

それは、いわゆる「劣化した」という声。

しかし、「その女、ジルバ」を見ると、それは役作りだったのではと思えます。

池脇千鶴さんの劣化と役作りについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

池脇千鶴が劣化した?

「その女、ジルバ」での池脇千鶴さん。

たしかに下ぶくれ顔だし、目に隈はあるし、顎にたるみも感じられる。

失礼な話ですが、池脇さんは現時点で実年齢が39歳。

年齢よりは老けて見える印象を感じられても仕方がないかもしれません。

池脇千鶴さんは、デビュー当時は清純派美少女といった感じでしたので、年の流れにショックを受けた方も多かったようです。

ちなみに2015年の池脇千鶴さんがこちら。

30歳を過ぎてもかわいらしさが残る、いい女という感じでした。

こんな感じで年を重ねていくと思っていたので、今回の池脇千鶴さんには驚いてしまいました。

「劣化」という言葉は悪いですが、そのような感じを受けても仕方がないのかもしれません。

池脇千鶴には以前にも劣化の声が…

池脇千鶴さんは、以前にも容姿について注目が集まったときがあります。

それがこちら。

https://twitter.com/cloudstrife2000/status/643397880502358016?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E643397880502358016%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fcreaple.jp%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D401action%3Dedit

この画像は、2013年の映画「凶悪」での挨拶のものです。

たしかに太っている感じですよね。

このときもショックを受けた方が多く、話題になりました。

スポンサーリンク

池脇千鶴の劣化は役作り?

「劣化」「激太り」と言われている池脇千鶴さんですが、いずれも役作りだと思われます。

本人からそのようなコメントはないのですが、演じている役を理解すれば明らかです。

池脇さんが演じる主人公は、人生にうまくいかない崖っぷちの独身で40歳の女性。

そんな女性を演じるのに、いつまでも若々しい輝くアラフォー女性では現実味がありません。

主役が池脇千鶴じゃなくて、若くて綺麗なままの女優さんだったら、この作品は色あせていたかも。池脇千鶴がリアルな40歳を演じているから、新が涙を流すシーンとか本当に胸に迫るものがあった。全然40に見えない女優さんが40代の葛藤を訴えても、白けるだけだったと思う。

まさに、劣化したと揶揄されるような姿だったからこそ、この作品に多くの人が共感を得ているのではないでしょうか。

そして、この作品の中の主人公は生きる力を得る場所を見つけ、徐々に自分の人生を取り戻します。

それと同時に、演じている池脇千鶴さんもだんだんと元の美しさに戻っている印象を受けます。

https://twitter.com/ij3uDfDE1npVASK/status/1348513028199784449

これはもう、最後には美しい池脇千鶴さんが見れるのではと期待してしまいますね。

スポンサーリンク

池脇千鶴の下ぶくれ顔は特殊メイク?

「その女、ジルバ」で池脇千鶴さんは、主人公笛吹新と、BARオールドジャックアンドローズの初代ママであるジルバを演じています。

その姿に特殊メイクではないかとも噂されているようです。

特殊メイクとは、顔に様々な人工物をつけて別の顔に作り上げる技術のことをいいます。

2020年に放送されたテセウスの船でも特殊メイクが話題になりました。

「その女、ジルバ」で注目されたのは、池脇千鶴さんの下ぶくれ顔。

なにか詰めているのでないかという声も出ていました。

調べてみましたが、現段階では公式に特殊メイクという発表はありません。

特殊メイクを施さなくても、出演作ごとに容姿を変えるカメレオン俳優と呼ばれる俳優さんはいます。

もちろんメイクの力は借りていると思いますが、大部分は独力の役作りのが真相ではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事