知ってるワイフ第6話の感想【ネタバレ注意】沙也佳の嫉妬が怖い

ドラマ「知ってるワイフ」の第6話が放送されました。

今回も面白かったですね。

覆水盆に返らず。後悔しないようにするのって難しいです。

「知ってるワイフ」第6話の感想を集めてみました。

スポンサーリンク

知ってるワイフ 第6話の感想(ネタバレ注意)

名前:年代
『知ってるワイフ』第6話では、元春は津山が澪と良好になるように協力している様子が伝わってきました。元春は澪の父親の命日を思い出して、自ら反省していた。その経験を活かして、津山にアドバイスしていることは澪と良い関係を築く上で必要なことだったと考えられました。元春は何としても過去を変えて、現在の妻である沙也佳と一緒に結婚生活を送ろうと頑張っている様子が伝わってきました。しかし、元春は沙也佳を誤魔化して、澪が困っている所を見かけて手助けをしていた。元春は、沙也佳のことを本当に好きなのかどうか疑問に感じてしまいました。

名前:年代
元春が澪から離れようと考えを改めたのに二人きりで母の久恵を探しに行くことになったのを見ていると運命には逆らえないのかなと感じてしまいました。澪のことをほっときたくてもほっとけないシチュエーションになり迷いながらも助ける元春の複雑すぎる心境というのが伝わってきました。今回印象的だったのが澪に言った「いなくなって初めてわかることがあるからね」という元春のセリフです。辛すぎる元春の心の声だなと感じました。

名前:年代
もう一度澪とやり直したい、そう思って涙まで流した元春が腹を決めて、澪と津山の恋を応援すると言ったのは、今までの自分のしたことの罪滅ぼしだったのかもと思いました。幸せそうな澪を見て嬉しい反面、やっぱりどこか切ない気持ちになってしまいます。支店長のテンションを上げるための、支店みんなの学芸会みたいな芝居が最高によかったです。相変わらずシノハラは空気が読めない感じでしたけど面白かったです。沙也佳を幸せにすると誓った元春だったのにやっぱり簡単にはいかないみたいですね。

名前:年代
今回は澪の母親が突然いなくなったのが驚きました。澪も必死に探して、疲れきっていたのがリアルです。そんな中元春は澪のために、一緒に探してあげていたのがやさしさを感じます。警察に行ったりしていたのが、頼もしかったです。
なんとかバス停で見つかったのはホッとしました。なにより澪の安堵した表情が良かったです。澪のために全力なところがかっこよかったです。
さらに江川は元春のことを疑って、カーナビの履歴やドライブレコーダーを探っていたのが怖かったです。
スポンサーリンク
おすすめの記事