【レッドアイズ 監視捜査班】ドラマ見逃し動画配信★全話無料視聴はコチラ!あらすじ感想総まとめ

この記事では、ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」を全話無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「レッドアイズ 監視捜査班」は、2021年1月23日から毎週土曜日の10時に日本テレビ系列で放送されていますが、見逃した人やもう一度見たいという人は、ぜひチェックしてみてください。

さっさと無料でみたいという人は下記のボタンをクリック!

\ 「レッドアイズ 監視捜査班」を見るならhuluがおすすめ /

スポンサーリンク

「レッドアイズ 監視捜査班」の見逃し動画配信を無料視聴する方法

「レッドアイズ 監視捜査班」はhuluの2週間無料トライアルで、無料視聴が可能です。

無料で見る方法は簡単。
たったの3ステップ!
    1. hulu公式サイトにアクセス

    2. メールアドレスを登録し、登録コードを入力する


      Eメールアドレスを登録し、送られてきた4桁の数字を入力します。

    3. 名前や住所、決済方法を入力して登録完了


      名前、性別、生年月日、パスワード、決済方法を入力すればOK。


      最後に無料トライアル期間を確認しておきましょう。

 

あとは好きな作品名で検索すればOK!
2週間以内に解約すれば、料金はかかりません。

\ 2週間無料体験! /

動画配信サイトでの「レッドアイズ 監視捜査班」の配信状況一覧

※下記の情報は記事作成時のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスを確認してください。

サービス名 配信可否 無料期間
今すぐ見る
2週間
U-NEXT × 31日間
FODプレミアム × 14日間
Paravi × 14日間
TELASA × 15日間

「レッドアイズ 監視捜査班」を配信しているのはhuluです。

当サイトではhuluをおすすめします!

huluがオススメな理由

動画配信サービスのHuluがオススメな理由についてまとめました。EXT

Huluの特徴!
  • 人気映画・ドラマ・アニメなど7万本が見放題!
  • Huluでしか観られないオリジナル作品が多数配信!
  • スポーツ中継、音楽ライブ、最新ドラマなどライブ配信が楽しめる!
  • 動画ダウンロードでオフラインでも視聴可能!
  • 日本テレビ系のドラマが観たい人にオススメ!

Huluなら話題のドラマや映画が見放題!

  • 鬼滅の刃
  • ウォーキング・デッド
  • HUNTER×HUNTER
  • ガキの使いやあらへんで
  • レッドアイズ 監視捜査班
  • 江戸モアゼル

\ 2週間無料体験! /

スポンサーリンク

「レッドアイズ 監視捜査班」の作品情報

ドラマ名 レッドアイズ 監視捜査班
原案 オリジナル
制作
日本テレビ
脚本 酒井雅秋
福田哲平
音楽 カワイヒデヒロ
公式サイト 番組公式サイト

Twitter

Instagram

イントロダクション

愛する人の命を奪われた元刑事 × 天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、
監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、
スリリングなサイバークライムサスペンス!

日本全国に存在する500万台もの監視カメラ。
これらを駆使した最新鋭の監視システムによって犯罪捜査を行うべく、
神奈川県警に独自の特殊部隊が新設される。
その名は… 「KSBC(神奈川県警捜査分析センター)」。

KSBCの特別捜査官として、謎多き難事件の解決に挑むのは、
かつて神奈川県警捜査一課で敏腕刑事として名を馳せていた男――伏見響介(#亀梨和也​)。

伏見によってKSBCに集められた民間捜査員は、
プロファイリングを得意とする元大学教授(犯罪心理学)、
シングルマザーの元自衛隊員、
若き天才ハッカー……といった個性溢れるメンバーたち。

一見するとドリームチームのように思えるKSBC。
しかし彼らは全員、それぞれに暗い過去を背負った「元犯罪者」だった……。

最新機器を搭載した「監視の塔」を舞台に、
捜査官たちがリアルタイムで犯罪者を追跡する
スピーディーでスリリングなサイバークライムサスペンス!!

キャスト

伏見響介:亀梨和也

島原由梨:松下奈緒

長篠文香:趣里

湊川由美子:シシド・カフカ

小牧要:松村北斗(SixTONES)

山崎辰二郎:木村祐一

主題歌


KAT-TUNの約3年ぶりのシングルとなる「Roar」が主題歌。タイトルの意味は「咆哮」。

シングルの発売日は2021年3月10日となっています。

スポンサーリンク

各話のあらすじと感想

第1話:2021年1月23日

伏見響介(亀梨和也)は、かつて神奈川県警の捜査一課で働いていた元敏腕刑事。しかし彼は、婚約者の美保(小野ゆり子)が何者かに殺害されたことで、警察を辞めてしまう。その後は浮気調査専門の探偵事務所を開業し暮らしていた。

伏見が警察を離れてから3年。神奈川県警に、監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムで解析し、事件解決に役立てる組織「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」が発足した。組織の統括責任者に任命されたのは、かつて捜査一課に所属していた伏見の元上司・島原(松下奈緒)。島原は伏見に、分析結果を元に捜査にあたる「特別捜査官」としてKSBCに加わってほしいとオファーする。

伏見は、自身が営む探偵事務所の仲間もKSBCの捜査官として受け入れることを条件として提示。しかし伏見が連れてきたのは、元自衛官で夫を殺害した湊川(シシド・カフカ)をはじめ、詐欺罪で逮捕された元大学教授・山崎(木村祐一)、天才ハッカーの小牧(松村北斗)ら”元犯罪者”ばかりだった。

“元犯罪者”である伏見たちの参加に、KSBCの情報分析官・長篠(趣里)らが戸惑う中、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生。鋭い観察眼を持つ伏見と“元犯罪者”の仲間たちは、その能力を駆使して捜査を開始する!

▼ 感想(ネタバレ注意)

第2話:2021年1月30日

伏見響介(亀梨和也)たちが、KSBCでの業務を本格的に開始する中、KSBCに「人を殺した」という電話が入った。

遺体を捨てる様子を監視カメラに敢えて映し、捜査員を挑発する犯人。現場に向かった伏見と湊川(シシド・カフカ)は、遺棄された男女のうち、男性の生存を確認。そして、殺された女性の胸ポケットから、犯人のメッセージが書かれた手帳を発見する。

手帳に書かれた暗号を、小牧(松村北斗)はアッサリ解読。すると犯人は、暗号の内容を新聞社のサイトで16時に発表するよう指示してきた。山崎(木村祐一)は、犯人が“ゾディアック事件”を模倣していることを看破。島原(松下奈緒)は、模倣犯の出現を防ぐため、16時までに犯人を確保するよう指示する。

長篠(趣里)たちが地道な捜査を続ける中、犯人に刺された男性・蠣崎(忍成修吾)が意識を取り戻した。殺された女性と蠣崎が結婚目前だったと聞かされ、自分の過去を思い出す伏見。一方、KSBCには犯人の漆川(般若)から新たに連絡が入り、男が1人監禁されていることが判明し…!

▼ 感想(ネタバレ注意)

第3話:2021年2月6日

蠣崎(忍成修吾)に拉致された湊川(シシド・カフカ)は、彼が自分の過去を詳細に知っていることに驚く。

一方、女性を殺害し、蠣崎のことも刺したとして逮捕された漆川(般若)は犯行を否認。蠣崎が女性を殺し、自分で自らの腹を刺したと証言する。

早速、伏見(亀梨和也)は蠣崎の追跡を開始。山崎(木村祐一)は蠣崎が残した「原点に戻れ」というヒントから湊川の居場所を探り当てるが、

同じ頃、蠣崎は湊川に爆弾と首吊りの2つの罠を仕掛け、次の作戦に着手するためにその場を立ち去っていた。そんな中、湊川の愛息子にも危機が迫っていることが判明し…!

▼ 感想(ネタバレ注意)

第4話:2021年2月13日

伏見(亀梨和也)は、島原(松下奈緒)の夫を殺害した蠣崎(忍成修吾)が、美保(小野ゆり子)の事件に関係があるのではないかと疑う。そんな中、優希(冨手麻妙)という女性が行方不明になり、彼女の部屋から木留という男の遺体が発見された。

現場付近の映像から怪しい男を見つけた伏見は、その男を確保。それは、山崎(木村祐一)の息子、克巳(塩野瑛久)だった。

木留から運搬を依頼された覚醒剤を盗み、恋人の優希とともに海外に逃げようと画策していた克巳。しかし、半グレ集団の元締め・神流川一馬(今井朋彦)と羊介(真壁刀義)の兄弟が木留を殺害し、優希を連れ去ってしまったという。山崎は、優希が覚醒剤を隠すために、袋ごと飲み込んだと推理。小牧(松村北斗)は、袋が腸に到達したら命が危ないと指摘する。

詐欺投資事件の服役中に妻が過労死し、克巳とも絶縁状態になっていた山崎。かつて神流川兄弟とも関係があった彼は、神流川兄弟との取り引きの算段を勝手に決めてしまう。島原は山崎のやり方に反発するが、心労がたたり、貧血で病院へ。島原に代わって現場の指揮を取ることになった長篠(趣里)は、山崎の“勝負”に乗ることを決意し…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

kei:30代
ついに黒幕が登場したが、まさかのカウンセラーだと言うのは意外な展開だったと思います。
そして、島原のカウンセラーになるとは危険な気しかしませんが、手配した上司がなにか怪しいと思いました。
しかし、今回は湊川のキレキレのアクションシーンも見る事ができたので満足でした。
そして、山崎の過去の犯罪は息子を守る為という事で、悪い人間でなかったというのが良かったことですが、息子と完全に和解という所まではいけなかったのが残念です。
しかし、希望が持てた展開だったので良かったと思いました。

ノーマルアイズ:30代
山崎は詐欺を働いた仲間だった神流川兄弟を残虐非道のように話していたものの、息子の克巳は恋人の優希と海外でやり直すと言いつつ溶けてしまうビニール袋に入れた違法薬物を飲ませていたという事を考えると神流川兄弟よりも残酷ではと思えてしまい、神流川の羊介は体調を崩した拉致した優希を悪い物でも食べたかと気にしていた優しさを見せていたのが可笑しく、キャラクターの設定が甘かったかなと思いました。
由梨がモニターに映る夫を殺害されて疲労困憊な心理を姑が追い込むという究極の嫁姑問題を入れていた所に驚かされ、そんな由梨がカウンセリングを受ける展開で出会う青いコートの男である鳥羽の思惑を通りな状況に一気に物語が進む気がしたものの鳥羽を演じる高嶋政伸さんは悪役がピッタリ過ぎるのと早い登場だけにラスボスではなく、他に本当の黒幕がいると想像しています。

第5話:2021年2月20日

鳥羽(高嶋政伸)のカウンセリングを受けることになった島原(松下奈緒)は、「自分の感情に正直になるように」と助言を受ける。一方、伏見(亀梨和也)は“先生”と呼ばれる事件の黒幕の内通者が、警察内にいると疑っていた。

そんな中、連続爆発事件が発生し、捜査一課の二人の刑事が犠牲になった。事件現場のモニターを調べていた長篠(趣里)の様子に違和感を覚えた伏見は、小牧(松村北斗)に長篠の調査を指示する。

標的となった刑事たちに送られていたメールから、犯人が警察に恨みを持っていると分析する山崎(木村祐一)。そんな中、長篠が11年前に起きた拉致監禁事件の被害者で、その事件を担当していたのが、爆発事件の犠牲になった刑事二人だったことが明らかに。果たして長篠と事件との関係とは…?

▼ 感想(ネタバレ注意)

ノーマルアイ:30代
拉致監禁されていた長篠を監視カメラから見つけ出して助けたのが兄の晋平という素人だった事にビックリで、長篠よりも晋平の方がKSBCの組織にピッタリな人材だったように思えてしまい、長篠が拉致された当時の警察官たちがまともであればこんな事は怒らなかったと思える点では、事件を誘発した警察組織は情けなく、担当刑事ではあった長久手も反省はしなければならないけれど、謝るのはベテラン刑事たちとその上司だと思いました。
青い服装の男が無言で伏見と由美子の名格闘コンビを簡単にダウンさせる凄さに唖然となり、2人相手にして息を切らさないとはトンでもない敵が現れたなと感じました。

さくら:50代
監禁被害にあった妹は、監視カメラの重要性を実感して警察官になったのに、その監視カメラを隈なく捜して妹を助け出した兄は、捜査してくれなかった上、犯人をやっつけた自分を逮捕した警察への恨みが膨らんでしまったのね。長篠の兄や蠣崎みたいに、警察への恨みのある人間を手なずけている黒幕がいるということか。やっぱりカウンセラーの鳥羽は怪しいな。島原さんにカウンセリングを薦める上司も、鳥羽に洗脳されてるんじゃないかな。島原さん、気をつけて!

第6話:2021年2月27日

小牧(松村北斗)が関わった事件の犯人も、他の事件と同じく“先生”と関係があったことが判明した。“先生”をプロファイルした山崎(木村祐一)は、彼が伏見(亀梨和也)に恨みを抱く人物だと指摘する。

そんな中、亡き美保(小野ゆり子)の墓参りに行った伏見のもとに、美保の生前の盗撮動画が送られてきた。動画の送り主から呼び出された伏見は、麻酔銃で撃たれ、連れ去られてしまう。KSBCに送られてきたライブ映像から、伏見がある場所に監禁されていると見抜いた島原(松下奈緒)は、近隣の該当施設を調べさせるが、数が多く、なかなか絞り込みには至らない。

伏見を拉致したのは、鴫野耕平(正名僕蔵)と妻の潤子(大高洋子)。病気の娘の治療費のために強盗に入った先で伏見に逮捕された2人は、その後娘を亡くし、伏見を逆恨みしていた。2人は伏見と共に心中する覚悟だ。湊川(シシド・カフカ)たちは、伏見のヒントから彼を拉致した男を確保するも、伏見の居場所はわからずしまい。その間にも、伏見の体力は徐々に奪われていき…!

▼ 感想(ネタバレ注意)

みらい:40代
山崎が瀬沢の経歴を見て疑問を持ったように、小牧も地下に来た時から引っ掛かっていたとはさすがでした。ナイフで刺されていくら急所を外されたとしても、この時間であれだけしか出血していないのはおかしいと、怯えながらプログラミングに挑んでいるように見せ掛けて、様々な場面を人質である悠香を冷静に観察していた上に、監視カメラでみなと貴金属の一番倉庫を囲み、監禁場所のヒントも自然と会話に取り入れていた。小牧の優秀な分析力が埋もれることなく、さらに開花させてくれた伏見に感謝したいです。

れん:20代
伏見が青の服をきた男に捕まり、なんとか助かったと思ったら今度は小牧が強盗を繰り返す男たちに捕まるという事件。ハッカー小牧の凄さがよりわかる回でした。日本一のセキュリティーを突破してしかも裏を読み後輩を救おうとするもまさかの事実、ちょっと驚きのラストでドキドキしました。小牧がなんで伏見と一緒に仕事をすることになったか、探偵事務所に一緒にいたかわかりまする重要な回で良かったです。謎の黒幕、先生と呼ばれる男も徐々に明らかになってきて続きがどんどん気になりました。

第7話:2021年3月6日

小牧(松村北斗)が関わった事件の犯人も、他の事件と同じく“先生”と関係があったことが判明した。“先生”をプロファイルした山崎(木村祐一)は、彼が伏見(亀梨和也)に恨みを抱く人物だと指摘する。

そんな中、亡き美保(小野ゆり子)の墓参りに行った伏見のもとに、美保の生前の盗撮動画が送られてきた。動画の送り主から呼び出された伏見は、麻酔銃で撃たれ、連れ去られてしまう。KSBCに送られてきたライブ映像から、伏見がある場所に監禁されていると見抜いた島原(松下奈緒)は、近隣の該当施設を調べさせるが、数が多く、なかなか絞り込みには至らない。

伏見を拉致したのは、鴫野耕平(正名僕蔵)と妻の潤子(大高洋子)。病気の娘の治療費のために強盗に入った先で伏見に逮捕された2人は、その後娘を亡くし、伏見を逆恨みしていた。2人は伏見と共に心中する覚悟だ。湊川(シシド・カフカ)たちは、伏見のヒントから彼を拉致した男を確保するも、伏見の居場所はわからずしまい。その間にも、伏見の体力は徐々に奪われていき…!

▼ 感想(ネタバレ注意)
coming soon

 

\ 「レッドアイズ 監視捜査班」を見るならhuluがおすすめ /

スポンサーリンク
おすすめの記事