【ガリレオ シーズン1】ドラマ見逃し動画配信★無料視聴はコチラ!あらすじ感想総まとめ

この記事では、ドラマ「ガリレオ 」シーズン1(2007)を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「ガリレオ 」シーズン1は、2007年10月15日から12月17日まで放送されたドラマ。見逃した人やもう一度見たいという人は、ぜひチェックしてみてください。

さっさと無料でみたいという人は下記のボタンをクリック!

\ 「ガリレオ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

「ガリレオ」の見逃し動画配信を無料視聴する方法


「ガリレオ」はFODプレミアムの14日間無料トライアルで、無料視聴が可能です。

無料で見る方法は簡単。
たったの3ステップ!
    1. FODプレミアム公式サイトにアクセス


      「登録する」をタップします。

    2. アカウントを作成


      メールアドレスとパスワードを入力。

    3. 決済方法を入力して登録完了



      各種携帯キャリア決済にすると無料トライアルキャンペーンは適応されないので注意!
      無料期間も確認しておきましょう。

 

登録が済んだら、好きな作品名で検索すればOK!
14日以内に解約すれば、料金はかかりません。

\ 14日間無料体験! /

動画配信サイトでの「ガリレオ」の配信状況一覧

※下記の情報は記事作成時のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスを確認してください。

サービス名 配信可否 無料期間
今すぐ見る
14日間
U-NEXT × 31日間
Hulu × 2週間
Paravi × 14日間
TELASA × 15日間

「ガリレオ」を配信しているのはFODプレミアムです。

その中でも、当サイトではFODプレミアムをおすすめします!

FODプレミアムがオススメな理由

動画配信サービスのFODプレミアムがオススメな理由についてまとめました。EXT

FODの特徴!
  • フジテレビの作品を中心にドラマが豊富
  • レンタルやコミックで使えるポイントが、毎月最大1300ポイントプレゼントされる
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 14日間お試し無料!

FODプレミアムなら話題のドラマや映画が見放題!

  • 知ってるワイフ
  • ザ・ノンフィクション
  • プロジェクトX
  • 全力!脱力タイムズ
  • アイドールズ!
  • ワンピース

\ 14日間無料体験! /

「ガリレオ」の作品情報

ドラマ名 ガリレオ
原案 東野圭吾:ガリレオシリーズ(文藝春秋)
『探偵ガリレオ』『予知夢』
制作 フジテレビ
脚本 福田靖
古家和尚
松本欧太郎
プロデューサー 鈴木吉弘
牧野正
菊地裕幸
公式サイト 公式サイト

Wikipedia

イントロダクション

湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ている男だが、学問以外のことにほとんど興味を示さない変人でもあった。
貝塚北署の新人刑事・内海薫(柴咲コウ)は、尊敬する先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)の紹介で、その湯川がいるという第十三研究室を訪ねる。草薙の助言に従って、管内で起きたある事件について彼に捜査協力を求めるためだった。“ミステリーハンター”の異名を持つ草薙は、数々の難事件を解決した功績が認められ、本庁への栄転が決定していた。だが、その草薙いわく、自分が解決した事件は、大学時代の同期で、仲間内で“変人ガリレオ”と呼ばれていた物理学の天才・湯川の協力のおかげだというのだ。

事件は、前夜10時20分ごろ、閑静な住宅街で起きた。通りの一角にいつもたむろして騒いでいた若者グループのひとりが、突然、頭が発火して死亡したのだ。先輩刑事の弓削志郎(品川祐)とともに現場に向かった薫は、彼らがそこでネズミ花火をしていたことを知る。しかし、監察医・城ノ内桜子(真矢みき)によれば、被害者は頭蓋骨が炭化するほどの熱傷を負っているという。ネズミ花火が原因とは考えられなかった。
湯川の助手・栗林宏美(渡辺いっけい)は、捜査に協力してもらおうと話を持ちかけた薫のことを必死で止めようとした。これまでにも草薙から事件の相談を持ち込まれ、何かと研究の邪魔をされてきたからだった。しかし、そんな栗林の願いもむなしく、湯川は人体が突然発火するという現象に強い興味を抱く。
湯川は、薫とともに事件現場を訪れた。薫から説明を聞きながらも、湯川は絶えず周囲を観察している。何かを得たような湯川のようすを見た薫は、焼死の原因がわかったのかどうか尋ねた。すると湯川は、突然笑い出し、「さっぱりわからない」と答えるのだった…。

キャスト

湯川学:福山雅治

内海薫:柴咲コウ

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿

草薙俊平:北村一輝

弓削志郎:品川祐

この投稿をInstagramで見る

 

品川祐(@shinashina0426)がシェアした投稿

栗林宏美:渡辺いっけい

城ノ内桜子:真矢ミキ

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿

 原案



人気作家・東野圭吾さんのガリレオシリーズが原作。

テレビドラマの「ガリレオ」に惚れて原作を読み始めました。タイトルは同じですが、テレビドラマとは全く違う話もありますが、その分楽しめました。短編小説集なので、1話1話を短時間で読み終えることができたので、肩の力を抜いて読みたい私には良かったです。

主題歌

ドラマのオープニングテーマは、福山さんにとって初めてのインストゥルメンタル作品。Aメロ、Bメロ、コーラスでギターの音色を変え、ディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」のフレーズを曲中に取り入れています。スケジュールの都合上、福山さんが作ったデモテープで他のメンバーがギターに合わせて録音し、後から福山がギターを入れ替えてレコーディングしたそうです。

各話のあらすじと感想

第1話:燃える!変人天才科学者

引用:FOD

帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学(福山雅治)の元に、貝塚北署の新人刑事・内海薫(柴咲コウ)がやってくる。尊敬する先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)のアドバイスで、管内で起きたある事件について彼に捜査協力を求めるためだ。それは、住宅街の通りにたむろしていた若者のひとりが、突然、頭が発火して死亡するという事件だった。人体が突然発火するという現象に強い興味を抱いた湯川は、研究が遅れるという助手・栗林宏美(渡辺いっけい)の忠告にも耳を貸さず、薫とともに事件現場を訪れる。
そんな中、湯川たちは、事件現場で空を見上げている幼い少女に出会う。その少女は、事件があった日、空に浮かぶ赤い糸を見つけたのだという。何かがひらめいた湯川は、現場近くで機械部品などを作っているという時田製作所に注目する。社長の時田(小林すすむ)は、薫が刑事だと知って、困惑していた。そこで、勝手に工場内を見て回っていた湯川は、金属部品のひとつを手に取り、従業員の金森(唐沢寿明)から注意される。時田から事件のことを尋ねられた湯川は、自然発生したプラズマによる事故ではないか、と答え、もしもう一度同じ場所で起これば捜査も打ち切りになる、などと言い出す。薫が説明を求めると、湯川は、まだ仮設の段階なのだから教えられない、と答え、「実に面白い」と言って笑みを浮かべた。薫は、そんな湯川の態度にキレ、彼を怒鳴りつけるが・・・。

▼ 感想(ネタバレ注意)

草薙の立場を女性にしたのは、月9のようなラブストーリーがあるからでしょうか?それはちょっと残念ですね。古い話ですが、『リング』でも主人公が女性に置き換えられていましたよね?
男性俳優が二人も出てきて、男性的な話になってもいいと思うのですが...。(笑)
ガリレオは思っていたよりもまともというか変な感じでがっかりですが、結構面白そうなので毎週見ようと思います!

第2話:離脱る(ぬける)OL殺人と空を飛ぶ少年の謎!

引用:FOD

湯川(福山雅治)のもとを訪れた貝塚北署の刑事・薫(柴咲コウ)は、1枚の絵を彼に見せる。その絵は、殺人事件のアリバイを裏付ける証拠になるかもしれないものだという。しかし、薫たちは、簡単にその絵を信じるわけにはいかなかった。何故ならその絵は、10歳の少年が幽体離脱して見た風景を描いたものだった。事件は、管内のワンルームマンションで起きた。その部屋に住むOLが腐乱死体で発見されたのだ。監察医の桜子(真矢みき)によれば、死因は扼殺による窒息死で、死後4週間が経過しているという。薫や弓削(品川祐)たちは、死亡推定時刻から、事件があった時刻に被害者を訪ねたと思われる保険外交員・栗田(石井正則)から事情を聴く。しかし栗田は、その時間は川沿いに車を停めて寝ていたと主張した。そんな折、事件を知った上村(小市慢太郎)が、息子の忠広(今井悠貴)が描いたという赤い車が停まっている川の絵を郵送してきた。忠広は、熱を出して寝込んでいたときに幽体離脱してマンションの窓から外に出て、赤い車を見たのだという。マンションからは工場が見えるだけで、その向こう側にある川は見えなかった。上村によれば、忠広には予知能力もあり、近所で焼肉店を営む幸恵(虻川美穂子)が訪ねて来たときも、直前にそれを予言したらしい。湯川は、この件に興味を示し、検証を始める。そんな中、上村は、警察が息子の証言を無視した、とワイドショーで訴え・・・。

▼ 感想(ネタバレ注意)

大人の気持ちを気にする子供は悲しいですね。
でも、父親が理解してくれてよかった。
思いやりのあるお肉屋さんを演じた虹さんもいい演技をしてくれました。

第3話:騒霊ぐ(さわぐ)消えた夫と幽霊の棲む黒い家!

引用:FOD

湯川(福山雅治)からメールで呼び出しを受けた薫(柴咲コウ)は、そこで湯川の研究室の学生、村瀬健介(林剛史)の姉だという弥生(広末涼子)から、夫の直樹(渡辺裕樹)が事件に巻き込まれて帰ってこないから助けてほしい、と頼まれる。介護用品メーカーに勤める直樹が失踪したのは5日前のことだった。失踪当日、直樹は、日ごろから気にかけていたひとり暮らしの老婆・高野ヒデ(森康子)の家に行ったはずだ、と弥生は主張した。そのヒデは、直樹がいなくなったのと同じ日に、心筋梗塞で亡くなっているのだという。すでに、ひとりでヒデの家を訪ねていた弥生は、その家にヒデの甥だという高野昌明(甲本雅裕)ら4人の男女が住んでいること、彼らが毎夜決まった時間に外出すること、そして彼らが外出した後、室内から物音がしたことを薫に報告する。弥生が直樹のことを深く愛していること、そして現在妊娠中であることを知った薫は、彼女とともにヒデの家に向かった。ヒデの家に到着したふたりは、昌明たちが外出したのを見計らって家の中にもぐり込んだ。が、やはり室内には直樹の姿はなかった。と、そのとき、突然部屋全体が激しく揺れ始めた。薫は、弥生の腕を掴んで外に逃げた。ところが、家の周囲は静まり返っており、家の中から聞こえていた物音もやがて消えてしまう。薫は、ヒデの家で起きたのはポルターガイスト現象だ、と湯川に報告するが・・・。

▼ 感想(ネタバレ注意)

今回はポルターガイストの正体がややこしくなってしまいましたが、結局直樹が殺されてしまい、ライトペースのストーリー展開には不向きな悲しい結末に終わってしまいました。ただ、内海があんなに落ち込んで湯川に頼っているのに、あまり悲しんでいないように見えるのは少し残念です。
好きか嫌いかは別にして、柴咲コウはいい女優さんだと思いますよ!

第5話:絞殺る(しめる)火の玉の謎と完全なる密室殺人

引用:FOD

湯川(福山雅治)は、貝塚北署の薫(柴咲コウ)から、管内のホテルで起きた密室殺人について意見を求められる。被害者は、東京近県でペンションを経営する矢島(岡本光太郎)という男。死亡推定時刻は、矢島がホテルにチェックインしてから1時間後の午後6時だった。実は、矢島が807号室にチェックインする少し前から、部屋の前の廊下で電気配線のチェックが行われていた。作業員によれば、3時間近くに及んだその修理中、807号室に入ったのは矢島だけだという。しかし、部屋にはふたり分のコーヒーの容器が残されており、一方の容器からは睡眠薬も検出されていた。このことから、犯人は矢島を眠らせた後、絞殺したものと思われた。だが、他にも不審な点があった。実は、ホテルの対面にあるビルで働く会社員が、矢島の部屋で火の玉が飛んだのを見たと証言したのだ。警察は、矢島がここ数カ月の間に、複数の生命保険に加入していることから、妻の貴子(水野美紀)に疑いの目を向けた。しかし貴子は、事件があったと思われる時刻、地元のスーパーで買い物をしている姿が目撃されていた。この事件に興味を抱いた湯川は、薫とともに貴子に会いに行く。しかし貴子は、犯人や火の玉にも心当たりはない、と答えるだけだった。あくる日、薫と弓削(品川祐)が捜査から戻ると、そこに矢島の娘・秋穂(大後寿々花)がやってきて、貴子が嘘をついている、と言い出す。

▼ 感想(ネタバレ注意)

薫は、湯川が "鉛が刺さってる"ことを理解しています。
その鉛の矢を自分のために出してほしいと思っているんですよね。
そして湯川の気持ち...私にはさっぱりわかりません。
お揃いのステンドグラスをどうするんだろう?はぁ

第7話:予知る(しる)美しき妻の愛した恐怖の殺人装置

引用:FOD

湯川(福山雅治)と薫(柴咲コウ)は、栗林(渡辺いっけい)から、ある事件について相談を持ちかけられる。事件が起きたのはいまから半年前のこと。栗林の友人で、食品加工会社を経営する菅原(塚地武雅)は、静子(深田恭子)と結婚してすぐに、飲食店で知り合った冬美(桜井千寿)という女性と浮気をしていた。そんなある日、菅原のマンションに、大学時代の後輩・峰村(佐藤重幸)が遊びにきた。そのとき、菅原の携帯電話に冬美から電話が入る。冬美は、何故か向いのマンションの一室におり、結婚してくれないなら死ぬ、と菅原に告げると、菅原が窓越しに見ている目の前で、ロープで首を吊って自殺を図ったのだという。この一件が原因で、菅原は、静子から離婚を言い渡され、多額の慰謝料を取られていた。だが、この事件には不思議な点があった。実は菅原は、冬美が自殺する1週間前、同じ部屋で女性が首を吊るのを見た、というのだ。その日、菅原は、出張だと嘘をついて、同じマンションに住む友人の部屋でAVのDVDを見ていた。深夜2時ごろ、カーテンを閉めようとした菅原は、向かいのマンションの一室で、女性が首を吊るところを目撃したのだという。ふいに部屋の電気が消えたこともあって、その女性が誰だがわからなかったらしいが、菅原は、一緒にいた友人にもその話をしていたらしい。栗林は、菅原が冬美の自殺を予知していたと主張するが・・・。

▼ 感想(ネタバレ注意)

でも、内海はこのドラマでは自分勝手な女にしか見えない、と思ってしまいますね。
ガリレオはスポーツが得意で良い人 ・・・・。何が変人なのかよくわからない。

第8話:霊視る(みえる)殺人事件を知らせた姉の幽霊!

引用:FOD

湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)からの依頼で、料理研究家殺人事件の捜査に協力する。事件が起きたのは、管内の雑居ビルにある料理教室だった。被害者は、経営者のひとりでもある女性で、共同経営者が帰宅した後、教室で残業をしていたところを、侵入してきた男にメッタ刺しにされて死亡したのだ。犯人と思われる男は、不審な物音に気づいた警備員に発見され、逃亡しようとした際に窓から転落して死亡していた。両者の間には接点がなかった。だが、事件の1カ月ほど前、被害者が最寄りの警察にストーカー被害の相談に訪れていたことから、事件はストーカー殺人と見られていた。が、実は薫が湯川に相談したかったのは、事件そのものではなく、被害者の妹・千晶(釈由美子)の奇妙な証言についてだった。千晶は、姉がストーカーに悩まされていることを知って心配し、度々、姉の部屋に泊まりに行っていたのだという。事件のあった夜も、千晶は姉の部屋で帰りを待っていた。そのとき千晶は、窓の外から、姉が室内をのぞきこむようにしている姿を目撃したのだという。しかし、すでにそのとき、自宅から30キロも離れた料理教室でその姉は死んでいたのだ。薫から事件の詳細を聞いた湯川は、テレポーテーション——ごくわずかな時間、あるいは瞬間的に人や物が長距離を移動するという現象は世界中で報告されている、と言うと、この一件に強い興味を示す。

▼ 感想(ネタバレ注意)

犯人の動機が単純すぎる。関係者がいたとしたら
でも、才能に嫉妬して誰かを刺すの?うーん...
オーディオシステムの音だけで女性がいたことがわかるなんて。
しかも犯人が誰かわかるなんて、素晴らしいですね。
なぜ、ストーカー殺人にするために、女性を刺すことであんなに猟奇的にする必要があったのでしょうか?
なぜあんなに猟奇的にする必要があったのか、私にはわかりません。最初のシーンは目を覆いたくなるほど残酷。
でも、刺すシーンは見せてくれませんでした(ほっとしました)。

第9話:爆ぜる(はぜる)前編・悪魔が仕掛けた連続殺人

引用:FOD

湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)から、帝都大学の卒業生が巻き込まれた事件の相談を受ける。文化祭で防犯に関する公開授業を行うために管内の中学校を訪れた薫と弓削(品川祐)は、生徒が展示した“ゾンビのデスマスク”という石こうの仮面を見つける。するとそこに、藤川伸江(泉晶子)という女性が現れ、この顔は失踪した自分の息子に間違いない、と言い出したのだ。仮面を制作した生徒によれば、展示した仮面は、自然公園の池で拾った金属製の仮面を型にして作ったものだという。自然公園を調査した薫たちは、池の底に沈んでいた男性の遺体を発見する。被害者は、帝都大学原子力工学科の卒業生で、医療機器メーカー勤務の藤川雄一(坂本真)。藤川の額には銃痕があった。湯川は、死体の顔型が池に浮かぶという現象に興味を抱き、薫とともに自然公園を訪れる。その池は、不法投棄が跡を絶たない場所だった。するとそこに、監察医の桜子(真矢みき)から連絡が入り、藤川が放射線被爆していたことが判明する。別の日、薫たちは、藤川が勤めていた会社を設立したのが、帝都大学原子力学科の元教授・木島征志郎(久米宏)であることを知る。そんな折、薫たちを訪ねてきた警視庁の草薙(北村一輝)は、1カ月半ほど前に龍仁湖で起きたボートの爆発事故の話を切り出す。そのときに発見された成人男性の肉片から、被害者が放射線被爆していたことがわかったというのだ。

▼ 感想(ネタバレ注意)

栗林と湯川のやりとりを見ていると、過去に湯川と木島の間で何か悪いことがあったのは明らかですが、最後に向けてどうなるのか楽しみです。
先週からストーリーが面白くなってきて、盛り上がっていた矢先に終わりを迎える。どうしようかなと思っています。ちょっと考え中です(笑)。

第10話:爆ぜる(はぜる)後編・聖夜にKISSして!

引用:FOD

湯川(福山雅治)は、かつての恩師・木島(久米宏)を訪ねた。草薙(北村一輝)からの連絡で、自然公園で発見された射殺体と、龍仁湖で起きた爆死事件の被害者がいずれも木島の会社の社員であることを知った湯川は、事件のことを切り出す。湯川は、どちらの事件の被害者も放射線被爆していたことから、中性子を100%反射する幻の合金の研究をいまでも続けているのではないか、と木島に問いかけた。それは軍事利用も可能な素材で、湯川は、木島が帝都大の教授だったころ、彼の下でその研究をしていたのだ。同じころ、湯川研究室を訪ねた薫(柴咲コウ)は、栗林(渡辺いっけい)から、湯川と木島の関係を教えられる。栗林は、木島が大学を解雇されたのはおそらく湯川の告発によるものだ、と告げると、これ以上湯川は木島に関わるべきではない、と薫に訴えた。その話にショックを受けた薫は、湯川からの電話にも出ようとはせず、弓削(品川祐)とともに木島の会社を洗い直す。その夜、薫の元に湯川がやってくる。電話に出ない理由を問われた薫は、湯川に迷惑をかけたことを反省した、と答え、その場から立ち去ろうとする。それに対して湯川は、これ以上薫には関わらない、としながらも、今回の事件の謎は自分の手で解明する、と宣言する。ところがその翌日、木島の秘書・京子(本上まなみ)が、ふたつの事件は自分の犯行だという遺書を残して自殺する。薫は、その死に疑問を抱くが・・・。

▼ 感想(ネタバレ注意)

このトリックも何度も使われている、トリックですらないもの。
超能力爆弾のアイデアも進化していません。他のトリックもちゃんと解けたのかな?
この後に映画が出るらしいけど、待ってみようかな。なんだか、エンディングに満足感がないんですよね。
というか、映画だけじゃなくてパート2もあるし。

 

※4話と6話は配信終了となっています。

 

\ 「ガリレオ」を見るならFODプレミアムがおすすめ /

おすすめの記事