トマトジュース(トルコ産)【業務スーパー】超詳細レビュー★不思議な飲みやすさ

今回は業務スーパーのトマトジュースを購入しました。

業務スーパーには何種類かトマトジュースがあります。

缶、瓶、紙パック、ペットボトルのものを合わせると、5・6種類ぐらいあると思います。

今回は、コストパフォーマンスが高い、トルコ産のトマトジュースです。

スポンサーリンク

売っている場所と値段

まずジュース売り場に行きましたが、そこには置いていませんでした。

ちょっと見つけるのに苦労しましたね。

私が行った業務スーパーでは、野菜売り場の近くにありました。

箱売りのものや他の野菜ジュースなどと一緒に、地面に平積みされていましたよ。

値段は、1リットルで税込み137円。

他と比べると、やっぱり破格のお値段ですね。

スポンサーリンク

パッケージ詳細

商品名の他に、「トマト100%」「濃縮トマト還元」「無塩、食塩無添加」と記載されています。

さらに「トマトの濃厚な旨み」って煽ってますね(笑)

期待が膨らみます。

商品詳細

パッケージ左側面には、商品の詳細と注意事項などが記載されています。

原材料は、トルコ産のトマトのみ。

トルコのトマトってどうなのと思う方もいるかもしれませんが、トルコはトマト生産量の世界第3位

気候と地理的条件がトマトの生産に適していて、国際的にも有名な産地の一つです。

濃縮トマト還元というのは、一度トマトを搾って濃縮し、水分を加えて戻したということです。

香りなどは減少しますが、栄養成分については変化はないとのことです。

注目したいのは、「上手な注ぎ方」のところ。

これ、逆にやっちゃうんですよね。

コップに移すときは、この通り注ぎ口を上にしましょう。

トマトジュースが跳ねることなく、注げます。

栄養成分

左側面に栄養成分の表示がありました。

100ミリリットルあたりのカロリーは16kcal。

まあ、特筆すべきことはありません。一般のトマトジュースとほぼ変わりないですね。

食塩無添加なので、もちろん食塩相当量も0。

塩気があるほうが味ははっきりしますが、減塩に気をつけている人にとっては、安心して飲めるトマトジュースです。

残念なのは、主要な栄養成分以外の記載がないこと。

トマトといったらやっぱり「リコピン」なので、含有量が気になりますね。

高リコピントマトというのもあるので、商品によって結構リコピンの含有量が違ってきます。

このトルコ産のトマトジュースは、残念ながらリコピン含有量はわかりません。

まあ、一般的なトマトジュースと一緒だと思っておきましょう。

スポンサーリンク

開封

コップに注いでみました。

かなり濃い色をしています。

注ぐときも、サラサラではなくドバドバといった感じです。

美味しいのか?

さて、肝心の味です。

初めて飲んだ感想は「?」って感じでした。

決して薄くはありません。ただし、色の濃さに比べると味には濃さを感じません。

むしろスッキリです。

ただ、トマトの旨味や甘みとかの主張がなく…なんだか味がないというか…

色がかなり濃いので、その印象に引っ張られているのか、飲むと不思議な感じがします。

飲めないことは全然ありません。まずくはないです。

けれども美味しいかと言われると…うーんといった感じですね。

栄養ドリンクとして飲む分には、スッキリとしていていい感じじゃないでしょうか。

トマトジュースをとにかく安く飲みたい、味はまずくなければいい、という人にはオススメです。

スポンサーリンク
おすすめの記事