知ってるワイフ 第8話の感想【ネタバレ注意】津山主任じゃダメなのか

ドラマ「知ってるワイフ」の第8話が放送されました。

今回も「津山主任じゃダメなの?」「見れば見るほど楽しみになってきた。でもどんどん切なくなる」「津山ぁぁぁ」と盛り上がっていましたね。

ドラマ「知ってるワイフ」第8話の感想を集めてみました。ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

「知ってるワイフ」第8話の感想(ネタバレ注意)

くらら:50代
結局は元の鞘に収まるのかな。元春は沙也佳に自分のことを「女神様の召使いだもんな」と皮肉っぽく言ったけど、むしろ本当にそれ以上の関係には見てなかったんだと思う。お花屋さんには「相変わらずお嬢様キャラやってんの?」って本性を見抜かれててさらに「嘘つけ!本当の沙也佳さんが見たいな」なんて言われちゃったらそっちに心が行ってしまったかな。でも沙也佳がいきなり離婚届を突き付ける決断をしたのはびっくりしたし、その離婚届を元春が書いていた話を聞いてすぐに「剣崎主任が好きです」と告白しちゃう澪のスピード感も凄いな!

ブーメラン元春:30代
大事な時にいつも側にいてくれたと澪が話していた雰囲気は完全に元春にメロメロ状態になっている乙女そのもので魅力的ながら、元春がここまでできるのは元々旦那だからと教えてあげたら一体どうなるのかと試したくなる気持ちになりました。
澪の母親は認知症であるはずなのに、元春と澪の結婚で子どもがいる事も知っているとはビックリ、一体何処まで知っているのかな不思議な存在に思えています。
お嬢様の沙也佳の暴走にはビックリながら、元春が言われてしまった言葉が妻だった澪が話していた事と変わらないとは笑えてしまい、やり直ししようと元春はありのままに生きるダメンズだなと感じられて、そんな元春に澪が好きになってしまうだけに2人はピッタリな関係性という事になるのかなと思いました。

みらい:40代
自身の思い描くイメージのまま、沙也佳のことを当て嵌めていた元春と、今目の前にいる沙也佳という女性を見たいと言った上原。もし2人が同時に沙也佳と出会っていたとしても、上原は全く同じ思いのまま沙也佳と出会い関わっていたのだろうか?と非常に興味深くなりました。元春がタイムリープする前の人生でも深い関わりがあったから、今も目の前に現れた人物だと思うので、上原と沙也佳はどんな関係性で、彼といる彼女はどんな気持ちで日々を過ごしていたのか、2人の歩んでいる人生を見たくなりました。

七海:20代
今回は津山と澪が付き合っていることを、職場の人に知られていたのが印象的です。すぐに広まる感じが思わずリアルです。
そして元春は江川のことを気にしていたけど、なかなか連絡できないのがもとがしかったです。江川は元春に電話をするけど、どこか強く出てしまうのが難しいなと感じました。
また江川が元春に、離婚届を突きつけたところは驚きました。誰よりも一番元春が理解できず、悲しみを感じていたような気がします。お酒を飲む元春が切なかったです。
スポンサーリンク
おすすめの記事