レッドアイズ 第6話の感想【ネタバレ注意】小牧が盛大に裏切られる!

ドラマ「レッドアイズ」の第6話が放送されましたね。

今回狙われたのは、天才ハッカー小牧。

小牧自身の後輩に裏切られるという悲しい話でした。

しかし、小牧と伏見の関係が明らかにされる描写もあり、信頼関係の厚さがうかがえました。

みなさんの感想はどうでしたか。

ドラマ「レッドアイズ」第6話の感想を集めてみました。ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

「レッドアイズ」第6話の感想(ネタバレ注意)

るんばん:30代
伏見が謎の男である真弓に拉致されてしまい、とても大変な状況になってしまったと思いました。誰か助けに来ないかなあと思っていたら、湊川が現れて何とか助かったのは良かったと安心しました。その後、伏見の職場の仲間である小牧が怪しい男性に誘拐されてしまった。元暴力団からの命令はとてもひどいものであった。ハッキングなど引き受けてはいけないと言いたくなりました。伏見が小牧と優香を何とかして助けてあげてほしいと思いました。

マメちゃん:40代
湊川が助けにきてくれてなんとか響介が助かってほっとしたのもつかの間で、今度は小牧が誘拐されるなんて…。瀬沢と神奈川が絡みがあったってことは、この事件もやっぱり裏には「先生」がいたようですね。小牧が捕らわれた後の長篠の働きが素晴らしかったです。今日も響介の鋭い洞察力が素晴らしかったです。足跡から犯人にたどり着くなんてさすがでした。日本最高レベルのセキュリティシステムを軽々とハッキングしてしまう小牧の才能に鳥肌が立ちました。長篠が小牧に憧れるのも当然ですよね。

box:40代
今回の話では職場のチームの人間が関係していた所が話を面白くさせたのだろうなと感じました。ハッカーが得意な男が犯人グループにより利用されてしまうのですが身内を欺く行動をしなければいけなくなった所は、お互いの心理戦を見ているような感じがしてとても面白かったです。そして最初は女性を救う為にやっていた行為だったのですが、実はその女性が黒幕の犯人だったのは意外な形で驚きました。そして男の方も女性が犯人だと言う事に気がついた上で騙されていた事が話に深みが出ていてとても面白かったです。

ナッシー:20代
誘拐現場の足跡の形から犯人の歩き方の特徴に気がつくとか、伏見はホームズ並みの観察力ですね。けどせっかく犯人に繋がっている人物を見つけたのに、長篠さんじゃ防犯カメラを駆使して、伏見と湊川さんが挟み撃ちできるようにうまく誘導できないのが、小牧君がいない状況での捜査の難しさを感じました。それにしても防犯カメラを逆に利用して、次の犯行現場を伝えるとか、電話を切らずに会話から自分の居場所を伝えるとか、伏見と小牧君の信頼関係に感動です。
スポンサーリンク
おすすめの記事