【青のSP】ドラマ見逃し動画配信★全話無料視聴はコチラ!あらすじ感想総まとめ

この記事では、ドラマ「青のSP」を全話無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

「青のSP」は、学校内警察(スクールポリス)制度が導入された中学校を舞台に、藤原竜也さん演じる主人公・嶋田隆平が学校内で起こる様々なトラブルを痛快に解決していくドラマです。

2021年1月12日から毎週火曜日のよる9時にフジテレビ系列で放送されていますが、見逃した人やもう一度見たいという人は、ぜひチェックしてみてください。

さっさと無料でみたいという人は下記のボタンをクリック!

\ 「青のSP」を見るならU-NEXTがおすすめ /

「青のSP」の見逃し動画配信を無料視聴する方法

「青のSP」はU-NEXTの31日間無料トライアルで、無料視聴が可能です。

無料で見る方法は簡単。
たったの3ステップ!
    1. U-NEXT公式サイトにアクセス


      無料期間もチェックしておきましょう。

    2. 名前や住所等の情報を入力


      氏名、生年月日、性別、メールアドレス、パスワード、電話番号、お住まいの地域を入力。

    3. 決済方法を入力して登録完了


      決済方法はクレジットカード、各種携帯キャリア決済、楽天ペイです。

 

あとは好きな作品名で検索すればOK!
31日以内に解約すれば、料金はかかりません。

\ 31日間無料体験! /

動画配信サイトでの「青のSP」の配信状況一覧

※下記の情報は記事作成時のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスを確認してください。

サービス名 配信可否 無料期間
今すぐ見る
31日間
FODプレミアム × 14日間
Hulu × 14日間
Paravi × 14日間
TELASA × 15日間

「青のSP」を配信しているのはU-NEXT、FODプレミアム、TELASAです。

その中でも、当サイトではU-NEXTをおすすめします!

U-NEXTがオススメな理由

動画配信サービスのU-NEXTがオススメな理由についてまとめました。EXT
U-NEXTの特徴!
  • 31日間無料で視聴できて、お試し期間中も600ポイント使える!
  • 配信されている作品数が圧倒的!
  • 毎月もらえる1200円分のポイントで新作も視聴可能!
  • 電子書籍サービスも充実で雑誌も読み放題!
  • 登録しているだけで、映画のチケットまで割り引きに!

U-NEXTなら話題のドラマや映画が見放題!

  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • TENET テネット
  • 太陽の末裔
  • 青のSP
  • コンフィデンスマンJP

\ 31日間無料体験! /

「青のSP」の作品情報

ドラマ名 青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー
原案 「スクールポリス」
制作 カンテレ

ケイファクトリー

脚本 大石哲也

山岡潤平

小島聡一郎

音楽 菅野祐悟
公式サイト 番組公式サイト

Twitter

Instagram

イントロダクション

「警察官×学園エンターテインメント」
異色のコラボ作品が誕生!
過激で毒舌!そして冷静沈着なスクールポリスが、
痛快に“悪”を成敗する!

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う
「学校内警察(スクールポリス」制度。
この制度が試験導入されることとなった赤嶺中学校に、
主人公・嶋田隆平は自ら志願して配属される。

表向きは何の変哲もない公立校に見える赤嶺中学だが、
スクールポリス・嶋田の登場によって、
SNS、薬物、盗撮、さらにはマタハラやセクハラなど、
様々なトラブルがあぶり出されていくことに…。

法に触れれば、教師であろうが生徒であろうが容赦無く逮捕!?
常に冷静で毒舌な嶋田が、
校内にはびこる“悪”を痛快に成敗する!

警視庁捜査一課の敏腕刑事だった嶋田は、
なぜスクールポリスを志願したのか?

「確かめたかったからだ、この学校の生徒に守る価値があるのか…」

その言葉の意味が明らかになるとき、嶋田の目的、
そして赤嶺中学が抱える本当の闇が明らかになる!

キャスト

嶋田隆平:藤原竜也

警視庁捜査一課の敏腕刑事でありながら、自らスクールポリスとして赤嶺中学に配属されます。

その隠された意図に興味が集まります。

浅村涼子:真木よう子

舞台となる赤嶺中学の国語教師。

スクールポリスとして配属された嶋田と、たびたび衝突します。

三枝弘樹:山田裕貴

嶋田の後輩である三枝弘樹

水野楓:山口紗弥加

木島敏文:高橋克実

 原案

佐々木 充郭さん著作の「スクールポリス」が原案です。

内容(「BOOK」データベースより)
“警察が治安を守り、教師を教育に専念させる”学校内警察制度。アメリカや韓国に次ぎ、日本初のスクールポリス・嶋田隆平が赤嶺中学にやってきた。嶋田は独自の職務理念を貫き波乱を起こしながら、セクハラ、ネット晒し、ストーカーなど学内に潜む問題を次々と暴いて―。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐々木/充郭
1978年北海道生まれ。脚本家、演出家、作家。QueenB所属。2015年6月ポカロ小説『knife』(KADOKAWA)を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

主題歌

SHE’S(シーズ)は、2011年に結成された4人組のピアノロックバンドです。
「あつまれ どうぶつの森」のCMソングや、ドラマ24特別編のエンディングテーマを手掛けています。

各話のあらすじと感想

第1話:2021年1月12日

赤嶺中学3年1組の担任で、国語教師の浅村涼子(真木よう子)は、夜の繁華街の見回り中に、同級生から集団で金を奪った中学生を注意するが、反対に自らがナイフを突きつけられ窮地に。するとそこへ一人の警察官が現れ、男は相手が中学生でも容赦せず、生徒たちを恐喝と暴行の罪で現行犯逮捕し、所轄の少年係刑事・三枝弘樹(山田裕貴)に引き渡す。翌日、学校では文科省の承認を得た学校内警察官、通称スクールポリスが試験導入されようとしていた。涼子をはじめ、水野楓(山口紗弥加)や阿部裕亮(音尾琢真)たち教師が不安を覚えるなか、校長の木島敏文(高橋克実)に紹介されて姿を見せたのは、昨晩中学生を逮捕した男・嶋田隆平(藤原竜也)。警視庁捜査一課の刑事でありながら、スクールポリスに志願した理由を尋ねる涼子に、隆平は「この学校の生徒に守る価値があるのか確かめたかった」と意味深な言葉を告げる。

3年1組では一ノ瀬悟(石井正則)による数学の授業が行われていたが、授業態度を注意された真田一樹(中川翼)が逆上。駆けつけた隆平に器物破損と暴行罪で逮捕される。さらに、この逮捕劇がクラスの何者かによってSNSで拡散。隆平は涼子に犯人を特定するよう指示し、一方で、校内のあるうわさを耳にして…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

 

第2話:2021年1月19日

スクールポリスが導入された赤嶺中学校で、警察官の隆平(藤原竜也)が着任して早々に、生徒が逮捕されるという衝撃の事件が発生。生徒たちは動揺し、校内ではスクールポリスに対する賛否が渦巻いていた。そんななか、妊娠3カ月の英語教師・楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。どうやら校内には教師の妊娠を快く思わない人物がいるようで、楓は以前から嫌がらせを受けていたという。

普段から楓を母親のように慕う3年1組の成田千佳(田畑志真)は、犯人捜しに躍起になり、涼子(真木よう子)もまた、2組の生徒たちが担任である楓の妊娠に嫌悪感を抱き、SNSの裏アカで楓とおなかの子の不幸を願うような書き込みをしていることを知り、ショックを受ける。

やがて千佳は、楓の悪口を言っていたという大林優也(荒木飛羽)を犯人だと決めつけ、食ってかかる。しかし、これがある騒動を巻き起こし、責任を感じた楓は産休も育休もそこそこに、生徒のために働くと宣言するが…。
その頃、隆平は、理科教師の青木祐志(渋谷謙人)から、亡霊の謎について聞かされ…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

 

第3話:2021年1月26日

校内の高価な備品が何者かに盗まれ、フリマアプリに出品されている事実が発覚。学校関係者による犯行だと考えた隆平(藤原竜也)は、盗難品に残された指紋と教師、生徒全員の指紋を照合して窃盗犯を暴き出そうとする。

各クラスで指紋採取が進められるなか、阿部(音尾琢真)が担任を務める3年3組では、サッカー部の仲村紀明(藤本哉汰)が突然大声で笑い出し、服を脱ぎ捨てて廊下の窓から飛び降りようとする。間一髪のところで隆平が阻止するが、仲村はそのまま失神。ぼうぜんとする涼子(真木よう子)たち教師を前に、隆平は仲村がドラッグを使った可能性を示唆し、それにより、ドラッグを買う金欲しさに仲村が盗難を働いたのではないかと疑いの目が向けられる。中学生のドラッグ使用疑惑が思わぬ波紋を呼ぶ…。

▼ 感想(ネタバレ注意)

 

第4話:2021年2月2日

体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見された。バレー部顧問の澤田敦子(智順)が確認したところ、これまでに撮影された映像は動画サイトに投稿されていたことが分かる。そして、三枝(山田裕貴)と共に秘密裏に捜査していた隆平(藤原竜也)は、ある犯人にたどり着く。

昼休み、校内に他の盗撮カメラがないかを探す柴田(泉澤祐希)と涼子(真木よう子)は、男子バレー部の更衣室から、3年生部員の菊池京介(鈴木悠仁)が出てくるところに出くわす。京介の表情はどこかぎこちなく、やがて盗撮カメラ事件は予想もしない事態に発展する——!

一方、一年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りお)の事件について調べる隆平は、岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師のことを耳にする。香里とよくもめていたという岡部の存在が気になる隆平は、岡部が学校をやめた原因となった生徒に接触する。さらに、隆平の行動に目を光らせ、スクールポリスとして赤嶺中学校に来た本当の目的を探ろうとする涼子に、隆平はこれまで公にされなかった、香里の死にまつわる誰も知らない真実を明かす!

▼ 感想(ネタバレ注意)

https://twitter.com/blooming0315/status/1357171483517153280

 

第5話:2021年2月9日

男子バスケ部で、アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が同じ3年生部員の市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)からいじめを受けていることが分かる。柴田(泉澤祐希)から報告を受けた顧問の涼子(真木よう子)は、西田に代わってアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、心配する涼子や柴田を前に、アレンは余計なことはしないでほしいと笑顔を向ける。
そんなある日、市原が帰宅途中に何者かに襲われる事件が発生。市原は相手の顔こそ見えなかったものの、犯人はアレンだと主張。西田も次の標的は自分に違いないとアレンを激しくけん制するが、それでもなぜか、アレンはかたくなに西田をかばう。隆平(藤原竜也)の聞き取り調査でアレンは自らの犯行を否定するも、何か心当たりがある様子。とある場所へ一人で向かうと、そこにいたのは…。
はたして隆平は、容赦なしの荒治療で、いじめの加害者と被害者、どちらも救うことができるのか!?さらに、隆平が香里(明日海りお)の死の真相を追う理由も明らかになる!

▼ 感想(ネタバレ注意)

黒赤さくらんぼ:40代
浅村涼子(真木よう子)教諭のナイトメアを見てしまいました。精神的に病巣となる悪夢を払ってからでないと、文科省のSP(スクールポリス)計画どころではありませんね。しかし、まさか、教室からベランダの塀を飛び越えて、いきなり飛び降り自殺してしまった女生徒の存在のイメージは信じられない事です。「同情も差別と一緒だ」とSPの嶋田隆平(藤原竜也)さんは言うけれど、突然の奇行に関連性があるかもしれない様子には機敏に対応して話を聞いてあげないと学校の先生、担任の先生はまずいでしょうね。直前に頭を抱え込んで、騒がしい教室に文句を言ったみたいですが。SPが調べると、問題が沢山なんて、悲しいですね。

みらい:40代
3歳からイジメられて来たアレンにとっては、日々をただ穏便に過ごすことが最優先の人生だったんだろう。でも何処にも当て嵌まらない自分自身に迷い、孤独を抱えながら生きていることも自覚していたからこそ、中学に入学して西田がバスケ部に入ろうと誘ってくれたことが、必要とされたことが嬉しくて、例え彼が今はイジメる側に回っていても、憎み切れない一因だったんだろうことも理解出来ました。嶋田が炎に囲まれて身動きが取れない西田を煽るだけ煽ったのも、アランを動かす為だったと信じています!

 

第6話:2021年2月16日

香里(明日海りお)の死に関わっていると疑う岡部(遠藤雄弥)の居場所を突き止めた隆平(藤原竜也)。しかし、香里と自分が恋人関係だったことを涼子(真木よう子)に明かすと、なぜか岡部の足取りは再び分からなくなり、隆平は涼子に疑惑の目を向ける。

職員室では新津清(須賀健太)が、同じ1年の教師・荒井英子(たくませいこ)と古賀一成(兒玉宣勝)に仕事を押しつけられ、連日の残業で心身ともに限界を迎えていた。新津と同期で、学生時代の同級生でもある柴田(泉澤祐希)は、そんな新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには、“他学年のことに口を出さない”という教師間の暗黙のルールが。柴田に泣きつかれた隆平もまた、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放すが、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里の姿を重ねる。さらに、香里がかつて新任の新津を荒井や古賀から守っていてことも知る。そんななか、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報が流出する騒ぎが起きて…。

隆平の胸に去来する香里との思い出…。2人の知られざる恋人エピソードが明らかに!
愛する人の身に起きた突然の悲劇。それを知った隆平は…!?

▼ 感想(ネタバレ注意)

coming soon

 

\ 「青のSP」を見るならU-NEXTがおすすめ /

おすすめの記事